年齢は関係ない!?頻尿の原因になる7つのこと
139views

年齢は関係ない!?頻尿の原因になる7つのこと

頻尿の原因として加齢があります。しかし、頻尿は加齢よりも普段の生活習慣や飲食物の中に原因があると言われています。とくにコーヒーやアルコール飲料は頻尿になりやすい飲み物です。また、運動不足による下半身の筋力の低下や足腰の冷えも頻尿の原因になります。

頻尿の原因

トイレに何度も行きたくなることを頻尿といいます。頻尿は若い人から高齢の人まで誰でもなる可能性があります。どのようなことが原因で頻尿になるのでしょうか?

【1】加齢

頻尿の原因でもっとも可能性が高いのは加齢頻尿の原因でもっとも可能性が高いのは加齢です。年齢を重ねると誰でも膀胱の伸縮が悪くなったり、脳神経の衰えで別の刺激が尿意と勘違いしてしまうことなどが増えていきます。その結果、頻尿になることが増えます。しかし、年齢を重ねても十分な運動や適切な水分補給ができていれば頻尿を予防したり、改善することもできます。加齢だから、と諦めずにできることを行ってみましょう。

【2】冷え

若い人でも下半身が冷えている場合には頻尿になります。秋冬などの期間だけ頻尿になるという場合にはとくに冷えが原因であることが多いようです。このような場合は入浴で体を十分に温めたり、足裏や腰などにカイロを貼って温めるだけでも改善するといわれています。とくに夜の頻尿の場合には寝る前に腰や足裏を湯たんぽなどで十分に温めることで一晩ぐっすり眠れるようになることが多いようです。

【3】コーヒー

頻尿が気になったらコーヒーやお茶を控えましょう頻尿になる原因は普段飲んでいる飲み物に関係しているかも知れません。普段からコーヒーやお茶を多く飲む場合、その利尿作用でトイレが近くなる可能性があるからです。季節の変わり目や体調不良なとき、あるいは薬を飲んでいる期間は代謝作用は強く働いて、普段と同じ量のコーヒーでも強く利尿作用がでる場合があります。頻尿が気になったらコーヒーやお茶を控えましょう。

【4】ビールなどのアルコール

ビールなどのアルコール飲料も全体的に利尿作用が強い飲み物頻尿になるのはコーヒーだけではありません。ビールなどのアルコール飲料も全体的に利尿作用が強い飲み物です。アルコールを飲んだ日や翌日に頻尿になる人は少なくありません。アルコールがある程度代謝されることで頻尿症状は落ち着くでしょう。早く症状を改善させるためには果物の摂取と白湯、味噌汁などの摂取が有効です。とくにアルコールを飲んだあとは塩分の補給を十分に行うことが頻尿には効果的です。

【5】水分の取り過ぎ

当たり前ですが、摂取する水分の量が極端に多いことも頻尿の原因になります。普通の食事をしていれば、食事からでも500mlの水分を摂取しています。そのため、その他の水分で1リットルを超える水分を飲むことは頻尿の原因になります。特に短い時間で大量の水を飲むことは頻尿の原因になります。ただし、水を過度に飲むということ自体が病気の症状である可能性があります。例えば、糖尿病やその予備軍の場合にはひどくのどがかわくという症状があり、そのために水分を過剰に摂取する傾向があります。

【6】運動不足

家事や散歩などでできるだけ体を動かすことを心がけましょう頻尿の原因は足腰の筋肉の衰えが原因であることがあります。とくに骨盤まわりの筋肉が衰えると尿意を我慢できなくなるといわれています。そのため、普段から家事や散歩などでできるだけ体を動かすことを心がけましょう。毎日雑巾がけを行うだけでも足腰の衰えは予防できます。

【7】正しい姿勢で座っていない

頻尿を予防する方法としてもっとも簡単な方法はいつでも正しい姿勢でいることです。とくに座ったときに猫背になったり、あごを突き出すような姿勢で座っていると骨盤低筋が衰えます。立つ、座る、歩くという動作は何気なく行っていますが、正しい姿勢を習慣付けるだけで頻尿だけでなく肌や筋肉を若く保つ効果があります。

PR