意外と簡単?!秋バテの解消のために有効な4つのこと
28views

意外と簡単?!秋バテの解消のために有効な4つのこと

秋バテの解消には古来から秋にたしなむと良いとされている、食事や運動、芸術などがおすすめです。秋の食事は夏に疲れた体を癒し、冬に向けて体調を整える働きがあります。また、秋は運動に適した気候です。この時期は体に負担や不快感が少なく体を動かすことができます。紅葉を楽しみながら野山での散策もおすすめです。

秋バテの解消になる4つのこと

秋に体調不良を感じる人が増えています。

夏の猛暑が過ぎて、秋になると気温の差が大きくなると、自律神経が乱れやすくなったり、夏の疲労が出てしまったりするためです。このような秋バテをどのように解消すれば良いのでしょうか?

【1】「食欲の秋」

「食欲の秋」

秋バテの解消には食事が有効です。

古来から「食欲の秋」と呼ばれるこの時期には多くの作物の収穫や実りの時期を迎えます。穀類はもちろん、野菜や果物、そしてキノコなども旬のものが多い時期です。

秋バテになってしまったときにはとくに秋に旬を迎えるものを食べるようにしましょう。秋に旬のものは夏に疲れた体を癒したり、自律神経を整える働きのあるものが多く、また、寒い冬にむけて体調を整える準備ができる栄養素が多く含まれていると言われています。

例えば、梨やリンゴ、柿などの果物は夏の疲れを癒す成分が豊富です。生のまま食べることで胃腸の調子を整えてくれます。また、秋に旬を迎えるキノコも豊富な食物繊維を含むため、自律神経が乱れて働きが弱くなりがちな排便習慣を整えるために有効な食べ物です。

また、秋の代表的な魚であるサンマは油が豊富で、冬に向けて寒くなったときに増える血管の破れや詰まりを予防する働きが期待できます。

【2】「スポーツの秋」

「スポーツの秋」

体の怠さが続くような秋バテの場合、体を動かすことで症状が改善する場合があります。

秋は「スポーツの秋」と言われて、気候が丁度よいため体を動かしたり、スポーツを行うには適した時期と言われています。紅葉が美しい時期でもあるので、紅葉狩りとして野山を散策することも秋バテ解消にはとてもよいことです。

普段から運動不足の人はいきなり負荷の大きい運動をせずに、軽く息が切れるくらいの散歩やジョギングなどから始めると良いでしょう。学生時代に行ったスポーツに久しぶりに挑戦するのも良いでしょう。

【3】「読書の秋」

「読書の秋」

秋バテでやる気がでないときや、夜に寝付けないときなどは読書もおすすめです。

本来、秋には夜更かしせずに早く寝る方が体にはよいのですが、神経が疲れ過ぎたりして夜に寝付きが難しくなる人がいます。そのようなときにはテレビやパソコンなどの液晶画面をみるよりは読書をしてリフレッシュしてみましょう。

液晶画面の強すぎる刺激に比べて、読書は比較的目への負担も少なく、寝床に入って読んでいるときに眠くなって、そのまま眠ることもできます。できれば、読む本は娯楽要素の強い作品などにしましょう。

過度な興奮を起こすサスペンスやホラーなどは反って目が覚めてしまう可能性があります。気楽に読める作品が望ましいですが、わざと小難しい本を選んで早く眠くなることを期待するものいいかも知れません。

【4】「芸術の秋」

「芸術の秋」

彩りが変化する秋は街でも山でも美しい景色が広がる季節です。

秋バテがなかなか解消されないという場合には気分転換として、何かしらの創作活動を行うもの効果的です。芸術というと絵や彫刻といった専門的な知識や道具が必要に思えますが、写真を撮ることも立派な芸術です。

題材を決めずに素晴らしいと思ったポイントでシャッターを切るだけのように思えますが、構図や光の入り具合、またシャッターのタイミングなどで同じ場所であっても様々な写真を楽しむことができます。

また、自らが芸術活動をしなくとも、他の人の芸術作品を鑑賞するというのも秋バテには効果的です。普段とは違う刺激を五感を通じて得ることで体や脳に豊かな刺激が加わり、秋バテで疲れた心身を癒してくれる効果が期待できます。

PR