風邪だけじゃない!空気の乾燥で起こる病気や不快症状
219views

風邪だけじゃない!空気の乾燥で起こる病気や不快症状

空気の乾燥で起こる病気としてウイルスや細菌による感染症が有名です。その他にもドライアイや歯周病、ポリープなど粘膜が乾くことでなりやすい病気があります。また血栓ができやすいことも要注意です。これらへの対策としては水分補給だけでなく温めることも意識してケアの中に取り入れましょう。

空気の乾燥で起こる病気

日本の秋や冬は空気が乾燥しやすい季節日本の秋や冬は空気が乾燥しやすい季節として知らてれています。美容にとっても大敵であると言われる乾燥ですが、実は体の健康にも深い関わりがあります。なぜなら、空気が乾燥するだけで、リスクが上がりやすい病気があるからです。実際にどのような病気があるのか紹介します。

【1】ウイルスや細菌が原因の感染症

空気の乾燥によって増加するするのはウイルスや細菌による感染症の増加です。
主に風邪と呼ばれるものが多くありますが、それ以外にも冬季には性病などの感染症も増える時期です。手洗いうがいの徹底と体を清潔に保つことが大切です。さらに、風邪の予防として、室内の温度と湿度をあげることやこまめに換気を行うことが有効です。

【2】血栓

体内が乾燥すると、血栓ができやすくなる空気が乾燥することで体内が乾燥すると、血栓ができやすくなると言われています。
とくに冬は知らず知らずのうちに水分摂取が減ってしまうことで体の水分が少なくなりがちです。体が水分不足であると、血液がどろどろになりやすく、血栓ができやすくなります。そのため、冬でも水分補給を行うことや適度に体を動かして血栓ができないように予防することが大切です。脳に血栓ができると脳梗塞になるほか、他の部位でもエコノミー症候群を引き起こす可能性があります。水分補給として、もっとも望ましいのは白湯です。ひとつまみの塩を加えると尚、良いでしょう。

【3】湿疹

空気が乾燥することで皮膚が荒れたり、湿疹ができることがあります。
とくに水を使った家事や仕事が多い人は冬場には多くの手荒れを経験すると言われています。また、お風呂あがりなどに湿疹やかゆみを生じることもあります。このような皮膚のトラブルにはしっかりと保湿することが大切です。その方法としてクリームなどの油分の多いものを使用するとより効果的です。血が出ていないのならセサミオイルやオリーブオイル、出血している場合にはひまし油を少量塗り込むことで早くに治ると言われています。湿疹が取れない場合には下半身や内臓が冷えている場合もあるので2日に1度は長時間の半身浴をすることもおすすめです。

【4】ドライアイ

ドライアイ乾燥は直接、ドライアイの原因になります。
ドライアイ自体は目が乾くという単純な症状ですが、ドライアイを放置することで目に傷ができたり、網膜剥離が起こるなど他の目の病気に繋がることがあります。このようなことを防ぐためにもドライアイになった時点でしっかりとケアをすることが大切です。ドライアイに気がついたら、まずは点眼をして目に水分を補給します。さらに、これだけではすぐにまた乾いてしまうので、蒸しタオルなどで目を温めることも大切です。それでもドライアイが改善しない場合には肝臓が疲れているのかもしれません。飲酒や加工食品など肝臓に負担がかかるような飲食を控えるようにしましょう。

【5】歯周病や口内炎

空気の乾燥は体のあらゆる粘膜を乾燥させる可能性があります。
その乾燥が口の粘膜に顕著にでた場合には歯周病や口内炎の原因になります。また、唾液の分泌が少なくなると虫歯になるリスクも高くなります。こまめにうがいや水分補給を行って、口が乾かないように気をつけましょう。水分補給ができない状況で口内が乾いているときには舌を前後左右に動かすことも有効です。大きく舌を動かすことで唾液の分泌を促すからです。

PR