陥没乳首は放置しておいて大丈夫?もっと知りたい本当のこと
815views

陥没乳首は放置しておいて大丈夫?もっと知りたい本当のこと

女性がひっそりと抱えている悩みの一つである陥没乳首は放置していると雑菌がたまった不衛生な状態になり、乳腺炎や乳輪下腫瘍、最悪の場合は乳がんを発症するリスクがあります。 そのままにしておいても治るものではありませんので、きちんと自分の体と向き合うことが大切です。

陥没乳首が引き起こす様々な病気を知る

実はみんな人知れず悩んでいる?

実はみんな人知れず悩んでいる?陥没乳首はコンプレックスに感じている女性も多く、その存在はベールに包まれているように感じられますが、実は女性の10人に一人は陥没乳頭であるというデータもあります。
ご自身が思っているより珍しいことではありませんので、どうか安心してください。陥没乳首は若い女性に多いので、人知れず悩んでいる人も多いかもしれません。

先天性と後天性の違いと影響

生まれつき乳首が陥没している方と、大人になってから陥没乳首になってしまう方がいます。
先天性の場合、乳房の成長に合わせて乳管の成長が追い付かず、先端にある乳管を内側に引き込んでしまうと言われています。実はその原因については解明されていませんが、あまり心配はありません。
ただ、後天性の場合、大人になってから乳首が陥没したなどの場合は乳腺炎や乳がんなど、重大な疾患がある可能性があるので、すぐに検査することをお勧めします。

仮性と真性で違うそれぞれの問題点

指で乳首を引っ張ったり、刺激して出てくるタイプは「仮性」と呼ばれています。
仮性の場合はあまり問題はなく、手術の必要もありませんし、産後に授乳する場面であってもほぼ問題ありません。ただ、垢や汚れがたまりやすいので、痒くなったり臭いを放ったりする場合があります。
指で引っ張っても外に出てこない乳首は「真性」と呼ばれ、症状が重い場合は治療が必要になります。
酷くなると、お乳を作る乳腺が炎症を起こし、そのまま放置し続けていると正常な乳腺まで器官が破壊されてしまいます。うつ伏せで寝たり、ちょっとした刺激で傷みが伴うなど日常生活に支障が出る場合は手術が必要です。

陥没乳首を改善する方法を探る

仮性ならマッサージなどの自宅ケア

仮性ならマッサージなどの自宅ケアあまり深刻ではない軽度の場合は、自宅でのマッサージで一定の効果を得られます。
乳首を引っ張ったり、つまむようにして押したり、こよりを作る感じで転がすように押したりするなど、気長に続けることで改善されます。入浴時や、授乳のタイミングでマッサージを行うと緩和されます。
マッサージする際に爪が長いと、乳首に傷をつけてしまうことがあります。また、マッサージのしすぎで摩擦による炎症を起こしてしまう場合もありますので、オイルを塗ってからマッサージをするなどのケアも忘れずに行いましょう。乳首吸引器などの矯正器具もあるようですので、病院で相談して試してみるのもいいかもしれません。

真性の場合、重度と診断された場合は手術が必要なことも

真性の場合、重度と診断された場合は手術が必要なことも刺激しても乳首が出てこない真性の場合は、マッサージや吸引器などを使った改善も難しく、矯正しづらい状態です。また、乳腺炎以外にも、乳輪下膿瘍という感染症になりやすい状態ともいえるので、様々な炎症や感染症などを引き起こす可能性がある場合は、やはり手術が必要になります。
陥没乳首は正式には「陥没乳頭」と言いますが、命を育むうえで大切な「授乳」という機能に支障が出ている疾患であると考えられますので、保険を適用して治療を行う病院もあります。
今後、妊娠や出産の予定がある人や、授乳障害があると診断された場合に適用されます。
ただし、授乳年齢(40歳以上)を超えていると診断された場合は保険適用外になるケースもありますので、病院で医師と相談してみましょう。

気になったらすぐに病院へ行って相談を

気になったらすぐに病院へ行って相談を温泉や旅行での宿泊、着替える時など、他人にバストを見られたくないという女性も多いと思います。
精神的に辛い思いをされている方をはじめ、これから妊娠、出産を目指す妊活中の女性も、時間のあるうちに病院へ行って医師と相談し、自分に合った方法でケアすれば、陥没乳首によって引き起こされる炎症や感染症を未然に防ぐことができ、赤ちゃんにも安心して授乳することができます。
早いうちから適切なケアをすることで、コンプレックスから解放されてストレスが軽減され、これからの長い人生において、より楽しい時間が増えていきます。
陥没乳首は放置せずに、気になっている人は早めに形成外科、美容形成の病院やクリニックへ行って相談しましょう。

PR