結石が溜まると激しい痛みが!結石の再発を防ぐにはどうしたらいいの?
98views

結石が溜まると激しい痛みが!結石の再発を防ぐにはどうしたらいいの?

結石の再発率は約50パーセントだと言われています。結石の再発を防ぐためには、水分を一日2L飲むようにしましょう。食事の内容も適量にし、バランスのよいものにしましょう。カルシウムを取り、シュウ酸や尿酸が出やすい食品は取らないように気をつけましょう。

結石は痛い病気!

一度経験すると、二度となりたくない結石とは?

一度経験すると、二度となりたくない激しい痛みを伴う病気の一つの代表として挙げられるのが結石です。この結石とは、シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムなどの塊(結石)が腎臓や尿管にできる病気なのですが、結石ができると、のたうち回るほどの激しい痛みに襲われます。腎臓に結石ができた場合には、激しいお腹の痛みや、尿に血が混じることもあります。腎臓で出来た結石が細かくなると、尿管へ移動するため、尿管部分に結石ができ、神経がかなり刺激されるため、激痛が伴うのです。一度結石にかかった方のほとんどが、もう二度とこんな痛い思いをしたくないと思うことでしょう。

結石の再発を防ぐためにはどうすればいいの?

カルシウムを多く摂るようにしましょう

肉類などを食べると体内にシュウ酸ができますが、腸内でシュウ酸と結びつくカルシウムを増やすと便として体の外に排泄されますが、あまったシュウ酸は尿のなかに出てきて結石の原因になります。なので、カルシウムを多く摂ることで結石を予防できるのです。

水や麦茶、ほうじ茶を2L飲みましょう

水や麦茶、ほうじ茶を2L飲みましょう結石の再発を防ぐためには、水分をこまめに飲むようにしましょう。その理由は一日に出る尿の量を増やすことによって結石が形成されるのを防ぐことができるからです。
水分であれば、どれでもよいというわけではなく、できればコーヒーや紅茶、甘みのあるジュース類はやめておきましょう。理想的な飲み物は、水かほうじ茶、麦茶などで、これらを飲むように心がけるとよいでしょう。
紅茶の成分には結石ができやすいシュウ酸の排出を促す成分が含まれているため、紅茶は飲まないようにしましょう。またビールには、尿酸の排出を促す成分がふくまれており、尿酸も結石ができる原因となるため、ビールなどのアルコール類は飲まないようにしましょう。コーヒーにも尿酸の排出を促す成分が含まれています。

食事の量に気を付け、バランスのよい内容に!

尿路結石の場合、5年以内の再発率は50パーセントと言われており、再発率の高い病気でもあります。しかし、普段の食事を気を付けることによって、この再発率を低くすることが可能です。食事は適量を取ることが大切です。食べ過ぎたり、小食すぎてもいけません。栄養バランスの整った食事メニューで、ホウレンソウやチョコレートなどにはシュウ酸がふくまれているので、食事から除く必要があります。どうしてもチョコレートなどシュウ酸を含む食べ物を食べたい!という時にはカルシウムを一緒に食べると、シュウ酸の吸収を押さえることができます。牛乳と一緒にチョコレートを食べたり、ミルクココアにするなどの工夫をしましょう。

朝はしっかり食べ、夜は控えめに

朝ごはんを抜いたり、夜食べ過ぎると、結石が形成されやすくなります。また夕食は寝る4時間前までに済ませておき、ある程度空腹状態で就寝する生活を維持することで、結石の再発を押さえることができます。

結石が出来やすい体質の人は病院での管理が必要

薬を服用し続けることによって結石の再発を予防することができます残念ながら、結石ができやすい体質の方もいます。水を飲んでも出来てしまうこともあります。そういった体質の方は、一度結石を取り除く治療を行っても、その後も引き続き、病院での管理が必要になることもあります。しかし、薬をしっかり服用し続けることによって、結石の再発を予防することができます。

男性は三十を過ぎてから食生活に気をつけましょう

結石は昔に比べて、食生活の豊かになった現代人に多い病気です。特に多いのが、三十代から五十代の男性です。お昼のランチは、毎日外食だという方は気をつけましょう。カツ丼や、天丼、カレーや牛丼など脂質の高い高カロリー食ばかりを食べ、夜は仕事の同僚と毎日、飲み歩くという方は、特に要注意です。結石の再発を防ぐには、昔ながらの和食、特に粗食が一番だと言われています。

PR