便秘できれ痔ができる若い女性が急増中!便秘にならないトイレの使い方
143views

便秘できれ痔ができる若い女性が急増中!便秘にならないトイレの使い方

以前は中高年男性の病気と言われていた痔も、最近では若い女性に増えています。それは食生活の乱れやダイエットなどが原因による便秘できれ痔ができるからです。実はトイレの使い方でも改善できるって知ってましたか?

痔はもはや男性の病気ではない!?

若い女性が痔に悩んでる?

若い女性が痔に悩んでる?昔は痔といえば、おじさんの病気、という考え方が多かったと思いますが、ここ数年、痔に悩む若い女性が増えているって知ってましたか?

痔の種類は?

痔は主に肛門周辺に起こる炎症全体を意味しますが、そのうちイボ痔、きれ痔、痔ろうが約9割を占めています。この中で若い女性に多いのがイボ痔ときれ痔。イボ痔は、ずっと同じ姿勢でいたり、排便、出産、スポーツなどでいきんだりすると、肛門周辺の静脈がうっ血して、こぶのようになってしまうもので、内痔核と外痔核があります。硬い便を無理に押し出そうとして肛門が切れてしまうのがきれ痔です。いずれも初期のうちは軽い出血などで、市販薬で症状が治まったりしますが、ほっておくと、再発を繰り返し、症状が悪化してしまいます。

便秘ときれ痔の深い関係

若い女性に増えているというきれ痔。これには若い女性に多い便秘が関係しています。便秘になると便が硬くなり、無理に押し出すと肛門が切れてしまい、排便の度に痛い。痛いとトイレに行きたくなくて我慢してしまう。さらに便秘になる。水分を控えてしまったり、時間がたつと便そのものの水分も失われて、もっと便が硬くなる。無理に排便してまた切れる…と、このように便秘できれ痔ができると、悪循環に陥ります。また、年齢が若いと肛門括約筋が硬く粘膜も張りがあるので、余計に切れやすい条件がそろっています。

女性はなぜ便秘になりやすい?

トイレのタイミング

トイレのタイミング便秘にならないためには、便意を感じたら速やかにトイレに行くことが肝心です。しかし女性の朝の身支度には時間がかかるので、ついつい我慢をしてしまって、便意を失うことがありませんか?また、学校や職場で大便をするのがはばかられて我慢をしてしまうことも。できれば、あと少し早起きをしてきちんとトイレタイムを確保したいですね。

ダイエットの影響

朝しっかり食べていますか?朝、コップ一杯の水を飲むことは寝ている間に失われた水分を補給する意味もありますが、腸に刺激を与えて便意を催すように促す役割もあります。もちろんここでしっかりバランスのとれた朝食を摂る事が大切です。実はあまりに食事の量を少なくしてしまうと、便の量が確保できずに便が出なくなるんですよ。ですからダイエットは便秘の原因になってしまうのです。食べて出す、が理想のサイクルです。

女性ホルモンの影響

これは、どうしようもない事ですが、女性ホルモンの影響で女性は便秘になりやすいのです。生理前に黄体ホルモンの分泌が多くなると便秘になりがちです。また生理中になると今度は下痢になりがち。思いあたる方も多いのでは?生理が近づいたら意識して水分を摂りましょう。

トイレの使い方で痔が防げる?!

トイレは3分以内!

トイレは3分以内!トイレに座っているだけで、お尻に体重がかかり、うっ血していきます。長い事いきむのはやめて、3分以内にとどめましょう。3分たってもダメな場合は、一度トイレから出て、お腹をマッサージしたり、歩いたり少し体を動かしましょう。ウォシュレットで肛門を刺激して排便促進に使うのはおススメできません。あくまでも自然に便意を感じる事が大切で、直接肛門に刺激を与えすぎると、肛門の皮膚の皮脂膜までをはがしてしまい、ただれてかゆみや炎症を起こす事もあります。硬いトイレットペーパーでふきすぎるのも同様です。排便の後はウォシュレットで清潔にした後におさえるように肛門がふくのをおススメします。

洋式と和式、どっち!

最近ではめっきり数が少なくなった和式トイレ。洋式がほとんどですが、排便に向いているのはどちらでしょう。理想の排便は、あまりいきまず、肛門に力をかけ過ぎずに、息を吐きながら排便するとスムーズにでます。腹圧を掛けないようにするには、洋式の方がよい、とする考えもあります。

しかし、肛門と腸の位置関係からは和式の方が出やすい、という説もあり難しいところですし、排便の度に和式トイレを探すのも現実的ではありません。そこで、洋式トイレでもスムーズに排便できる姿勢をご紹介します。

洋式トイレには前かがみで座ろう!

トイレに座ったら、姿勢を良くするのではなく、少し前かがみになりましょう。こうすることによって、腸から肛門への角度が便の出やすい角度になります。さらには踵を上げたり、膝を抱えたりするとより良いようです。

手で腹筋を助けよう!

手で腹筋を助けよう!女性は男性よりも筋力が弱いことも便秘の原因になるとか。排便の時に適度に腹筋が使えない場合は、下腹に両手を当てて、手で圧をかけるようにしましょう。また前述のように不必要に長くいきみ続けるのはNG。いきむのではなく、深呼吸を繰り返す感じで排便しましょう。肛門ではなくお腹で出す感じですね。

PR