ま、まさか私も!?人には聞けない【痔の症状 】が知りたい!
338views

ま、まさか私も!?人には聞けない【痔の症状 】が知りたい!

痔の症状、重いものから軽いものまでさまざまですが、座るだけで痛みを伴うくらいになった場合などみなさんどう対応してるんでしょうか?やっぱり手術?重度のもので手術しないでよくなった人とかいるんでしょうか?そのあたりを徹底調査!

どうして痔になるんでしょうか?

cookies-199892_640
肛門に付加がかかることで起こります。
また便秘がちな人は排便時に必要以上にいきむ癖がついていたりしますので、それも痔の原因となります。
軽度なものでしたら少量の出血と軽い痛みになりますが、だんだん症状が進行していくと、ズキズキとした痛みを持ち発熱なども伴います。
そうなってしまうと手術が必要になります。

痔の症状:痔核(いぼ痔)・内痔核

痛みがあまりない痔というのが特徴ですが、血が出てきたりして気づくことが多いです。
出産のいきみでかかる人もいるようです。
この痔になるきっかけとして、妊娠や出産という人が多いのも特徴です。

117984620
ここが痔の始まりともいわれます、ここで慢性化、重症化させてしまうと肛門から飛び出てきたりして手術が必要になります。
そうならないためにも快便を心がける食物繊維食事、腸内環境を整える食べ物を積極的にとるよう心がけましょう。

痔の症状:裂肛(切れ痔)

女性に多い痔といわれているのも特徴です。

女性の場合は妊娠によって子宮が大きくなり腸の動きが阻害されることにより便秘になりやすくなります。
そのため排便時にどうしても必要以上にイキんでしまいます。
これが原因で肛門周辺の薄い皮膚を傷つけてしまいます。

また、肛門という場所は体の不要物(便)を排出しますよね。
どうしても雑菌が多く繁殖してしまい治癒が難しい上に座ったりと不可をかけやすい場所(お尻)のため、慢性化してしまうこともすくなくありません。

痔の症状:痔瘻(あな痔)

痔の症状・・・こちらの痔は一般的に薬局で手に入る薬、病院で処方してる薬を含め、薬での治療はできなく手術での治療を必要とします。
しかも、この痔を自己判断の治療でほうっておくとガンになる可能性もあるといわれている恐しい痔です。
チェックリストなどで該当項目があったら早めに専門医の診察を受けましょう。

この痔の症状は肛門の周囲に穴があいてそこから膿がでます。
その膿はかさぶたにならずに膿が出る状態がおさまりません。
肛門周辺なので雑菌も覆いですし、座ったり睡眠をとる時にお尻に不可がかかることが多く自然治癒はないといわれています。
男性に多いというのも特徴です。

絶対知りたい!痔の予防方法って?

和式よりも洋式のトイレの方が痔の人にはよいのです。
その理由は和式はいきみすぎるから。
といっても今和式トイレのお家はほとんどなくなってきていますし、公共のトイレでも和式はへってきていますね。

toilet-paper-627032_640
毎日お風呂に入ることも予防方法の一つです。
お風呂に入ることで体全体の血行がよくなる=肛門周辺の血行もよくなり、肛門周囲も清潔に保つことができます。

こんな方法も

座ったままの姿勢が多い仕事についている方は骨盤の位置を矯正することで、お尻にかかる不可を正常に分散させ痔へのリスクを減らすということもできるようです。
(個人差、痔の症状や状態にもよりますので気になる方は専門医の診断をうけましょう)

ちょっとまって!!

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s
血便がでたから痔なんだ・・と勝手な判断をしてはいけません、中には大腸がんや潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患ということもありえるのです。
ただし胃かいようなどの、内臓疾患による出血の場合血は固まってしまって黒っぽくなるのが普通です。
ですが素人判断で痔だから大丈夫などと安心はせずに専門医の診察を受けましょう。

関連リンク集

痔の症状による痔の自己診断
自分は痔なんだろうか?それともそうじゃないから安心していいんだろうか?
これ悩んでいる人多いです。
自分の症状を確認してこちらでチェックしてみましょう。
それからでも病院へ行くのは遅くありません。
ただし、すこしでも違和感を感じたりおかしな症状があった場合はすぐに専門医の診察を受けましょう。

痔といえば「ボラギノール」
痔といったらこちらの薬です「ボラギノール」こちらの会社のHPです。
どうして痔になるのか、痔の症状や日々のケアの方法など詳しくかかれていますので一読の価値あり(っていうか必見!)

松島病院HP
大腸肛門病の専門の病院のHPです。予防方法、治療方法について、あまり友達に聞いたりできないような話について詳しく掲載されていいます。
また、こちらのチェックなどで痔とわかってもどうしたらいいのか・・もわかります。

PR