女性に多いお腹の張りについて!お腹が張る原因とは?
806views

女性に多いお腹の張りについて!お腹が張る原因とは?

お腹が張るという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?特に男性よりも女性でこの悩みを抱えている人が多いようです。お腹が張っていると不快感があるため、仕事や勉強に集中できなくなります。では、お腹が張るのはどのようなことが原因なのでしょうか?

お腹の張り

お腹の張りはなぜ起こる?

お腹の張りに悩んでる女性は多い

女性にとってお腹の張りはよくある悩みです。20代から50代までの女性の約3割以上がお腹の張りに悩んでいると言われています。お腹が張ると、不快感だけでなくお腹がポッコリとしてしまい見た目にも影響が出てしまいますよね。

お腹が張っているのは、胃や腸の働きが弱まっている証拠です。胃や腸が正常に働いていれば、排泄機能によってお腹が張ることはありません。しかし、胃や腸が弱まっていると消化不良を引き起こし、お腹にガスが溜まってしまうのです。

お腹が張る原因

お腹が張る原因として最も多いのが、便秘です。実際に、お腹が張りやすい人は便秘という人が多いのではないでしょうか。便がお腹に溜まっているとガスが発生し、それによってお腹が張ってしまいます。便秘は女性の大きな悩みでもあります。便秘を解消することで、お腹の張りも解消することができるでしょう。

食べ過ぎ飲み過ぎでお腹が張る

食べ過ぎや飲みすぎもお腹が張る原因となります。1度にたくさんの食べ物を胃に運んでしまうと、消化のスピードが追い付かなくなってしまいます。その結果消化不良となり、お腹にガスが溜まってしまいます。

お腹が張っているのは、腸内でガスが多く発生しているからかもしれません。腸内でガスが発生するものとして挙げられるのが、芋類や炭酸の入った飲み物です。これらはお腹が張りやすくなってしまうため、食べ過ぎや飲みすぎには十分注意しましょう。

お腹の張りには生活習慣が関係しています。バランスの乱れた食生活や運動不足は胃や腸の働きを低下させてしまいます。また、加齢によっても胃や腸の働きは弱まります。

ストレスでもお腹が張る

更に、ストレスもお腹の張りの原因と言われています。ストレスで胃が痛くなるように、ストレスと胃腸には大きな関係があります。過度なストレスは胃や腸の働きを弱めてしまい、お腹の張りに繋がってしまいます。

女性特有の原因

女性特有の原因として挙げられるのが、ホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスは体内の至る所に不調となって表れますが、胃や腸もそのうちの1つです。ストレスや疲れはホルモンバランスを乱す原因となるため、注意したいですね。

妊娠でも胃などが圧迫されて張る

また、妊娠や生理も女性特有のお腹の張りの原因です。生理や妊娠時は子宮収縮によって胃や腸が圧迫されやすくなります。実際に、生理中や妊娠中にお腹の張りに悩まされた経験がある女性も多いはずです。

お腹が張るときの対処法

胃や腸の働きを良くする

お腹の張りを解消するためには、胃や腸の働きを高める必要があります。対処法としては、お腹を温めることが効果的です。ホッカイロなどを使ってお腹を温めてみましょう。また、普段からシャワーで済ませている人は湯船に浸かる習慣を付けましょう。お風呂でゆっくりとお腹を温めることで、胃や腸の働きが活発になります。

生活習慣の改善も効果的です。胃や腸の働きを高めるために、適度な運動を行いましょう。運動をすることで、便秘解消やストレス発散の効果も得られます。また、食生活を工夫することもおすすめです。クエン酸や水溶性食物繊維が多く含まれた食品を食べることで、お腹の張りを軽減することができます。

お腹の張りは病気のサイン?!

お腹の張りがなかなか解消されない場合、病気が原因かもしれません。腸閉塞や胃潰瘍、膵炎などの病気が考えられるため、病院で検査を受けましょう。

PR