急に顔がむくむことはありませんか?その症状、病気の可能性があります
3,331views

急に顔がむくむことはありませんか?その症状、病気の可能性があります

急に顔がむくむ場合、それはクインケ浮腫という病気かもしれません。顔は、食生活や生活習慣の乱れによってむくみが表れやすい部位と言われています。女性ですと生理中に顔がむくむ人も多いかと思います。しかし、原因もなく急に顔がむくむ場合には病気が考えられます。

顔のむくみ

顔はむくみやすい

体の部位の中でも、顔は特にむくみやすいと言われています。その理由は、顔の皮膚が薄いためです。食べ過ぎやお酒の飲み過ぎ、運動不足などが顔のむくみとして表れる人も少なくありません。

顔はむくみやすい
顔のむくみは男女関係なく表れますが、むくみ=女性に表れる症状というイメージが定着しているように思えます。これは、男性よりも女性の方が筋肉量が少ないことからむくみを感じやすいためです。また、男性と違い女性は毎月1回生理が来ます。生理もむくみの原因となりますので、むくみ=女性というイメージがあるのでしょう。

急なむくみや長引くむくみに注意!

上記に挙げたように顔はむくみやすいため、顔のむくみを感じることは決して珍しいことではありません。しかし、原因もなく急に顔がむくむ、むくみが長引く場合には病気が原因となっている可能性があります。

顔のむくみが長引く場合に考えられるのが、心臓病・腎臓病・甲状腺機能の低下などです。原因不明のむくみが続くのであれば、1度検査を受けましょう。

急に顔がむくむのはなぜ?

急に顔がむくむ病気

浮腫みがひかなかったり繰り返すときには病院へ

急に顔がむくむ病気として考えられるのが、クインケ浮腫です。あまり聞き馴染みのない病名ですよね。クインケ浮腫の特徴は急にむくみが表れることで、特に顔に症状が表れます。顔の中でもまぶたや唇に表れることが多いそうです。

クインケ浮腫による顔のむくみは、数時間から数日程度で改善します。そのため、それほど大きな心配をするような病気ではありません。ただし、数日経ってもむくみが改善されない場合や何度も症状を繰り返す場合には医師の診察を受けましょう。

また、クインケ浮腫はむくみが表れる部位によっては死に至る危険性もあります。顔の場合にはそれほど心配はいりませんが、喉の場合はむくみによって呼吸困難になる可能性が高いのです。

クインケ浮腫の原因

クインケ浮腫の原因は遺伝性と後天的に分けられています。遺伝性の場合は大人になる前に症状が表れる特徴があります。遺伝性のものは、遺伝性血管性浮腫と呼ばれます。

後天的なクインケ浮腫の原因とされているのが、薬です。主にクインケ浮腫を引き起こす危険性がある薬が、抗生物質・解熱消炎鎮痛剤・高血圧治療薬・経口避妊薬・ペニシリンなどです。過去には薬によって引き起こされたクインケ浮腫で死亡した例もあります。

日頃からストレスを溜めない
クインケ浮腫の原因として、ストレス・日光・外傷・食べ物による影響・温感や冷感による皮膚への刺激が考えられます。特に疲れやストレスが溜まっていると発症しやすくなるため、日頃からストレスを溜めないことがクインケ浮腫の予防に繋がります。

クインケ浮腫の前兆

クインケ浮腫の症状は急に顔がむくむことです。顔がむくんでいる時は痛みや痒みが伴わないのが特徴です。このようなクインケ浮腫の症状には前兆があると言われています。前兆として表れるのが、皮膚の痛みや痒み、頭痛です。このような症状が表れた後、急に顔がむくみます。

クインケ浮腫の前兆に気付いたら、抗アレルギー薬を服用することで症状を和らげることができます。ただし、抗アレルギー薬は症状を和らげるためのもので、クインケ浮腫を治療するものではありません。このことを理解して薬を服用しましょう。

PR