胃腸炎で頭痛の症状もあるとき、不調の原因はどこにあるの?
8,348views

胃腸炎で頭痛の症状もあるとき、不調の原因はどこにあるの?

胃腸炎で頭痛の症状もあると、身体はとても辛いですね。身体の中では、どのようなことが起こっているのでしょうか、また、どうすれば少しでも症状を和らげることができるのでしょうか。。胃の痛みや頭痛の中には、重篤な病気が隠れている場合もありますので、できるだけ早く病院で診断を受けるようにしましょう。

胃腸炎で頭痛もある場合に考えられる病気

胃腸炎?風邪?それとも他の病気?

胃腸炎か風邪か…症状をよく見る

胃や腸の調子が悪く、嘔吐・下痢もあり、その上頭痛まで起きると、心身ともにとても辛いものですから、少しでも症状を緩和して楽になりたいものですね。このような不調の原因になっているのは、何なのでしょうか。

胃腸炎の中には、ノロウイルスのような感染性のものがあり、風邪と似た症状を伴うことから、頭痛が起きることがあります。それとは異なり、胃や腸の調子が思わしくなく、さらに頭痛もあるというとき、実は原因は風邪を引いたことだったというケースも、結構多いものです。これは、症状の感じ方には個人差があるため、同じ症状であっても、頭痛を強く感じる人もいれば、胃腸の調子が思わしくないことを強く感じる人もいるために起こることです。また、胃腸の症状がすぐれないときに水分をしっかり摂ることができず、脱水症状のために起こる頭痛もありますし、ストレスが原因となって胃の痛みや頭痛が引き起こされるケースもあります。

それ以外では、嘔吐と激しい頭痛を伴う場合、重篤な脳の疾患であるケースであることも考えられます。どの場合でも、自己診断は不可能であり、また危険なものですから、胃腸の調子が悪く頭痛もあるという時は、必ず病院で診断を受けて、不調の原因がどこにあるのかを確認してから対処するようにしましょう。

 

胃腸炎で頭痛の症状があるときの応急処置

水分補給が大切

水分不足のために頭痛がおこっているかも

胃腸の調子が悪いと感じると、胃腸の薬に頼りたくなり、頭痛がすると、鎮痛剤を飲んで、少しでも痛みから逃れたくなるところですが、不調の原因がわからないまま薬を服用しても、症状に合わない薬を飲んでしまったら、症状の改善にはつながりません。さらに、鎮痛剤は不調な胃に刺激を与えてしまう可能性があるので、気を付けたいところです。

薬の服用の前に、まず水分補給ができているか、考えるようにしましょう。胃腸炎の症状で嘔吐や下痢がある場合には、水分補給が足りなくなっていることがあり、それが原因で脱水症状が起こり、頭痛につながっていることがあります。嘔吐がある場合には、水分補給は難しいかもしれませんが、少しずつ時間をかけて摂るようにしたいものです。また、脱水症状を起こさないためにも、できるだけ早く医師の診断を受けるようにしましょう。

頭痛があるときには

頭痛があるけれど、鎮痛剤は飲みたくないという時は、まず頭を冷やしてみましょう。頭痛に効くとされているツボを刺激するのも効果があります。「百会」というつむじの少し前にあるツボや、耳の後ろの骨が膨らんでいるところの下にある「完骨」、手の甲側で、手首の関節の中心から指2本分くらい肘に近いところにある「外関」などが頭痛の他、片頭痛や、眼精疲労、肩こりに効くツボといわれています。

健康のために普段の生活を見直そう

身体にストレスのない生活を送っていないか省みる

胃腸炎や頭痛を引き起こさないように、普段の生活を見直して、予防をしておくことも大切です。十分な睡眠や適度な運動は、身体の調子を整えるだけでなく、ストレスの軽減にもつながります。また、暴飲暴食を避けて、バランスのとれた食事を規則正しく摂ることが、胃腸の調子を整えるために大切であることは言うまでもありません。

 

PR