噛み合せの影響や原因、顎の噛み合せが悪い場合の治療法一覧
111views

噛み合せの影響や原因、顎の噛み合せが悪い場合の治療法一覧

顎の噛み合せが悪いとはどういうことを指すのでしょうか。歯並びが良い場合や、噛み合せを一度調整した場合でも噛み合せがずれてくることはあります。また、噛み合せはいろいろな症状や病気の原因となります。噛み合せの治療法一覧とその費用、合わせてご紹介します。

噛み合わせと歯列矯正は別?

噛み合わせと歯列矯正は別?

歯並びがきれいでも顎の噛み合せが悪い可能性はあります。実は、歯並びと噛み合せは別なのです。

歯並びは歯列の凸凹や出っ歯、八重歯などの歯の前後左右の並び方の問題ですが、噛み合せは上の歯と下の歯の上下の問題です。

ですから、歯列矯正やセラミックなどで歯並びだけを治しても噛み合せが治っていないこともあるのです。

噛み合せは万病の元!?

顎の噛み合せが悪いと、さまざまな症状を引き起こします。

咀嚼力が低下することによって、食べにくさや逆に飲み込むことによる早食いのための肥満に繋がることも考えられます。

ひどい場合は出っ歯や受け口など見た目にも影響してきますが、それより軽症の場合でも食い縛りによる大顔や左右非対称、ほうれい線などの原因となります。

口呼吸を助長し、口臭や虫歯、歯周病、睡眠時無呼吸症候群をも引き起こすこともあります。頭痛や腰痛、顎関節症、うつ病などの原因の一つともいわれています。

噛み合せはだんだんずれる?

噛み合せはだんだんずれる?

噛み合せは一度診てもらっても、何年か経つともうずれていることがよくあります。

噛み合せが悪くなる原因もさまざまです。加齢やダイエットなどで顎や歯茎が痩せると噛み合わせも変わってきます。虫歯や親知らずの萌出、歯周病などによる歯の移動も噛み合せが変わる原因です。頬杖や、悪い姿勢、噛み方の左右差などの普段の悪い癖も噛み合せを悪くします。

噛合わせの治療方法

詰め物や義歯を変える

詰め物や義歯を変える

虫歯治療痕の噛み合せの一部が当たっている場合や、高いところがあるときに、そこを低くして全体の噛み合せを調整する方法があります。

虫歯の治療痕が高くなってしまっていることはよくあります。治療したときに合っていてもだんだん噛み合せがずれてきます。そこで、詰め物や義歯を変えたり、削ったりして噛み合せを治します。

この方法は一般の歯医者でも手軽にできます。噛み合せの治療は保険診療の耐症にはなりませんが、虫歯治療の一貫としての義歯や詰め物の調整としてなら保険診療の範疇でできます。

スプリント法

スプリント法、プレート法と言われる治療法では、上あごに透明のプラスチックのマウスピースを装着して、噛み合せの改善を図ります。

噛み合せのスプリント療法は自費診療なので高額で費用も病院によってまちまちですが、顎関節症の場合は保険診療でスプリント療法を行うこともできます。

ブラケット法

ブラケット法

歯列矯正でお馴染みの、ワイヤーで歯を矯正するブラケットで歯並びを治す方法です。

ワイヤーでの矯正は主に歯並びを治すことに使われますが、噛み合せが前後や左右にずれているときは噛み合せの改善にも効果的です。自費診療で費用と期間がかかりますが、歯列と噛み合せが同時に改善します。

外科手術

歯だけではなく顎の噛み合せに変形がある場合は外科手術による治療も選択肢にあります。顎全体から来る強い出っ歯や受け口、左右の非対称に対し、顎の骨を切って繋げる方法で根本的に解決します。

顎変形症と診断されて、指定された医療機関で行う場合は健康保険や高額療養費制度も適用されます。デメリットは入院期間の長さや痛みや術後の不便さです。

骨を切る手術なので保険が効く場合も数十万円かかります。所得や年齢によって金額は異なりますが、高額療養費制度で支払ったお金の一部はもどってきます。

PR