温まると蕁麻疹が出る!温熱蕁麻疹とコリン性蕁麻疹
241views

温まると蕁麻疹が出る!温熱蕁麻疹とコリン性蕁麻疹

"身体が温まると蕁麻疹が出たり痒くなったりする、という人がいます。考えられる疾患は2種類。温熱蕁麻疹とコリン性蕁麻疹です。 両者はどのような特徴があるのでしょうか?原因や治療方法まで詳しくお話しします。"

f24e6a7b337b9261138c8c43490e6d8a_s

身体が温まると蕁麻疹が出ることがあります。身体が温まることで発症する蕁麻疹は2種類。以下では、温熱蕁麻疹とコリン性蕁麻疹について、症状などお話します。

温熱蕁麻疹について知ろう

身体が温まると痒くなる「温熱蕁麻疹」

身体が温まると痒くなる「温熱蕁麻疹」

まずは、温熱蕁麻疹です。こちらは、外部からの刺激で身体が温まると発症する蕁麻疹になります。蕁麻疹が出た皮膚は、表面温度が40度から50度にまで達します。痒みもありますが、掻くとよけいに痒くなり、蕁麻疹も広がっていきます。

温熱蕁麻疹が発症しやすい外部からの刺激って?

温熱蕁麻疹は外部からの刺激によって発症します。
起こりやすい例としては、

・入浴中や入浴後。

手でちょっと掻くだけで真っ赤になったり、太ももや腕が痒くなったりする

・運動したり身体を動かした時。

軽い運動でも、汗が出ると痒くなる

軽い運動でも、汗が出ると痒くなる。その汗を拭かないでいるとさらに悪化する。

・暖房器具にあたった時。

 

エアコンから出る温風が刺激となり、痒くなる。
エアコンから出る温風が刺激となり、痒くなる。こたつや使い捨てカイロも同様。

・厚着をした時。

真冬の寒い時、重ね着をしてしっかり防寒すると、ピリピリというかゆみを感じる。

温熱蕁麻疹の原因とは?

温熱蕁麻疹はアレルギー反応です。温度の変化で刺激を受けると、ヒスタミンが分泌されます。それが、血管に伝わり神経に刺激を与えて、蕁麻疹や痒みが出ます。

温熱蕁麻疹の治し方は?

温熱蕁麻疹の治し方は?

温熱蕁麻疹の症状が出たら、まずは、濡らしたタオルで患部を冷やしましょう。入浴後は、患部に軟膏を塗ります。

暖房器具は、使用しても構いませんが、風や熱が身体に直接当たらないよう工夫することが大切です。

コリン性蕁麻疹について知ろう

汗で痒くなる「コリン性蕁麻疹」

汗で痒くなる「コリン性蕁麻疹」

コリン性蕁麻疹とは、汗がきっかけとなって痒くなる蕁麻疹のことです。赤くて1、2mmくらいの小さなボツボツが出来ます。汗が出たところを拭かないでいると、さらに痒くなります。

痒み以外にピリピリした痛みや頭痛がすることもあります。稀ですが、めまいや腹痛が起きることもあり、ひどい時にはけいれん発作や呼吸困難などもあります。

10代から30歳前後くらいまでの、若い人に発症しやすい症状です。

汗による刺激で発症する場面とは?

コリン性蕁麻疹は汗が刺激となって発症します。

汗が刺激となるような場面としては、

・運動をした時
・お風呂に入った時
・辛いものを食べた時
・緊張をした時
・ストレスを感じた時
・興奮した時

などが挙げられます。

コリン性蕁麻疹の原因とは?

コリン性蕁麻疹は、アセチルコリンが体内に溜まって炎症を起こすことがきっかけとなり発症します。

アセチルコリンとは神経伝達物質です。汗をかくときは交感神経が優位になっています。アセチルコリンは副交感神経に働きかけて発汗させ、興奮を落ち着かせようとします。しかし、なにかしらの障害により汗が出なくなった時、アセチルコリンが体内に蓄積されるため、炎症が起きて痒くなります。

コリン性蕁麻疹の治し方は?

コリン性蕁麻疹の治し方は?

コリン性蕁麻疹の治療としては、痒みを抑える抗ヒスタミン薬を飲んだり、軟膏を塗ったりする方法があります。ただ、これだけですと、完治までに4、5年かかる場合もあります。

少々荒療治ですが、お風呂に入って汗をかくという方法もあります。もちろん、お風呂に入れば蕁麻疹が出ますし、痒くもなります。しかし、デトックス効果があるため、不要なものを体外へ出すことができ、1週間もすれば症状は治まります。

やり方としては、まず入浴前にコップ1杯の水を飲んでおき、38度~40度くらいのお湯に浸かります。汗をかきそうになったら一度出て、ぬるい水を浴び、再び浸かります。

今度はしっかり汗をかきます。かなり痒くなりますが、1分くらい我慢してください。出るだけ発汗させて毒素を出します。すると、さっきまでの痒みが嘘のように引いていきます。

これをこまめに実行していくと、1週間くらいですっかり症状は治まります。

PR