つらい背中のこりの原因になる4つの事とは
93views

つらい背中のこりの原因になる4つの事とは

現代人は背中のこりになる環境の中で生きています。首こりは血液の循環が悪くなることが原因で起こります。小学生でも首がこっている人が多く、問題になっています。しかし、放っておくと危険なのでまずは、背中のこりの原因を何かを見つけて改善していく必要があります。

凝るのは肩だけじゃない!

背中のこりに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

背中のこりの原因は、なんらかの要因によって血液の循環が悪化することがもっとも大きいと考えられています。

何故、血液の循環が悪くなると背中のこりにつながるのかというと、筋肉に酸素がいきわたらなくなり、乳酸などの老廃物がたまり、その結果筋肉が硬直して正常な筋肉が伸びてしまうからです。

近年では、背中のこりの人が急増しています。

さらに、小学生の子供も多くなっており、問題視されています。

そのままにしておくと、頭痛、集中力の低下、不眠、イライラなど他の病気の原因を引き起こしてしまうので、背中のこりは命にかかわらないからといって放っておくのはよくありません。

もちろん、マッサージなどで改善すればある程度は良くなります。

しかし、マッサージでは根本的な解決にはならないので、まずは、背中のこりの原因を紹介します。

凝るのは肩だけじゃない!

パソコンなど長時間同じ姿勢

最近はパソコンが普及してきてパソコンなしで仕事をするという事はないです。

そのため、デスクワークで長時間同じ姿勢をしていると筋肉の伸縮が行われないので、血液の循環が悪くなり、背中のこりになってしまいます。

また、デスクワークなどで前傾姿勢を長時間続けていると首の骨がそのまま固定され、まっすぐになってしまい、首の負担が増加してしまう「ストレートネック」と呼ばれるものになってしまう可能性もあります。

パソコンなど長時間同じ姿勢

眼精疲労も原因

現代人はパソコン、ゲーム、携帯電話など目が疲れる生活を送る傾向にあります。

しかし、現代社会ではこれらのものはなくてはならず、パソコン、ゲーム、携帯電話をなしで生活するという事は出来ません。

そのため、眼精疲労になっている人が大変多く、この眼精疲労が背中のこりの原因を作ってしまっているのです。

目が疲れてしまうと血液の循環が悪くなってしまうので、その結果、背中のこりに原因になってしまうのです。

そして、ゲームの普及が小学生の背中のこりの原因になっています。また、めがねなどが自分の視力にあっていない場合も目が疲れやすくなってしまうので気をつける必要があります。

眼精疲労も原因

精神的緊張などのストレス

ストレスも背中のこりの原因の一つになっています。

関係ないように思えますが、ストレス、不安、緊張が続くと、交感神経が優位になり、血液の循環が悪くなるため、筋肉に酸素が行き渡らくなり、乳酸などの老廃物が排泄できなくなるので背中のこりの原因になってしまうのです。

しかし、現代でストレスがまったくないという人はおらず、多かれ少なかれストレスを抱えて生きています。

特に、ストレス社会といわれているので、現代人はストレスを多く抱えている傾向にあります。自分自身がストレスをどうやって発散させるのかがポイントになります。

精神的緊張などのストレス

運動不足

男性に比べ女性の方が背中のこりを抱えている人が多いと言われています。

これは、男性より女性の方が筋力が弱いからだと言われています。今は便利な時代なので、運動をするという機会は減ってきています。

また、特に、首、肩、背中にかけて負担が大きいと背中のこりになりやすいので、背中のこりの原因につながってきてしまいます。

exercise-841167_640 ダンベルで筋トレをする女性 トレーニング

自分なりの原因を見つけて背中のこりを解消しよう

背中のこりの原因はさまざまですが、どれも現代病と言って良いのではないでしょうか。

パソコン、携帯、ゲーム、ストレス、運動不足はどれも現代に生きている人には避けて通れないものばかりです。

ある程度は仕方ないのですが、できるだけならないように、改善方法を見つけたり、時間を減らしたりなどそれぞれ工夫をしていきましょう。

背中のこりが少しでも改善されるので、背中のこりに悩んでいる人は自分で解決策を見つけると良いです。

自分なりの原因を見つけて背中のこりを解消しよう

PR