現代病にもなっている肩甲骨のこりの原因とは何か
57views

現代病にもなっている肩甲骨のこりの原因とは何か

現代、オフィス作業が増えて肩甲骨のこりを訴える人が増えました。それは、長時間同じ体勢での作業などが肩甲骨のこりの原因となっているのです。そんな肩甲骨のこりの原因を取り除くためにストレッチであったり肩甲骨をほぐしていくことが大切です。

肩甲骨のこりの原因は何?

肩甲骨のこりの原因はいくつか考えられます。今回はその中から、5つの原因について取り上げましょう。

1)筋肉が固まっている

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_s 女性 自宅 リラックス 伸び ストレッチ

現代社会はオフィスワークが増えて、同じ体勢で長時間デスクに座って作業していることが多くなりました。

その結果、肩甲骨周辺の筋肉が固まり痛みを発生させるのです。同じ体勢で作業を続けると血流が悪くなり、こりの原因にもなるのです。それを解消させるための方法はストレッチです。

こまめに体をほぐし、筋肉をほぐすことが大切です。オフィスでも簡単にストレッチはできると思います。休憩の時にちょっと体を伸ばしてみたりするのも効果的だと思います。簡単にストレッチ作業は可能です。

また、仕事をしながら、軽く肩を回してみたり首を回してなるべく筋肉が固まらないようにすることも簡単にできる方法です。

オフィスワークのほかにスマホの普及でスマホの作業でこりの原因になっている場合もあるので、こまめにストレッチをしてみたりマッサージなどで筋肉のこりを解消することが大切です。

2)ストレス

ストレス

現代社会はいろいろなストレスがある。

誰もが欠かせない人間関係のストレスから機械的なストレスがあります。身の回りにはいろいろなデジタル機器があり、複雑化した操作になり、その操作がストレスになっている場合があります。

ストレスを溜めると自律神経が乱れて、血流が悪くなり結果、肩甲骨のコリであったり体のあちこちにこりを感じることになるのです。ストレスをなくすために休日はストレス発散をしてみるのがいいかもしれません。

3)生活リズムの乱れ

生活リズムの乱れ

生活のリズムが乱れることもこりの原因になっている場合もあります。

生活のリズムを見直すことで血流の改善であったり、食事から根本的なところからこりを取ってくれるかもしれません。規則正しい生活。例えば、いつも決まった時間に寝るようにして決まった時間に起きるようにする。

そして食事の時間もある程度決まった時間に摂るようにする。また、食事は、体のこりをとるために、血流が良くなるような食物を摂取することでこりの解消につながります。生姜、ニンニクなど、血流を良くしてくれる食べ物を積極的にとるようにしましょう。

4)寝具が合わない

寝具が合わない

オフィスワークでのこりも問題となっているが、寝具でのこりもある。

それは、枕の高さがあっていなかったり、マットレスがあっていなかったりと体に負荷をかけすぎていることがあります。当然、寝ている間には寝返りを打ちますが、負荷があちこちにかかり、それが原因で筋肉が固まりこりの原因になっている場合があります。

寝具を自分の体にあったものを使用することでこりの解消もそうですし、睡眠の質を向上させてくれますよ。デパートなどに足を向けると寝具のコーナーではいろいろな種類も枕が並んでいたりします。そういうものを試してみるものいいかもしれませんよ。

5)運動不足

運動不足

ストレッチに繋がる部分ではありますが、運動をしてみるのがいいかも知れません。

運動を普段から心がけることで、筋肉が付き、よりこりの原因が減ります。そして、運動をすることで、代謝も上がり、血流改善をすることができて、結果的に肩甲骨のコリの原因を取り除いてくれるのです。

食事で血流にいいものを食べてさらに血流が上昇する運動を心がけることでさらに、コリの解消に繋がるのです。

肩甲骨のこりの原因は根本から解消しよう

主に体の血流が悪くなることでこりというものは発生するのです。その根本的なこりを解消させるためには血流を改善させなければなりません。これらの方法を取り入れながらしっかりと解消していきましょう。

PR