腰や背中がだるい時 考えられる内臓の疾患とは?
316views

腰や背中がだるい時 考えられる内臓の疾患とは?

腰や背中がだるいなと感じたら、内臓に疾患があるかもしれません。お腹内部の後方には十二指腸や腎臓などがあります。腰や背中がだるい、痛い、何だか重いと感じたら、重疾患の可能性も考えられます。十分に用心して、早めに受診した方が良いかもしれません。

腰や背中が重いようなだるいような・・

腰や背中が重いようなだるいような・・

腰や背中がだるいなと感じている方は、真っ先に腰痛を疑うかもしれません。

しかし、お腹の後方には十二指腸や膵臓、腎臓が収まっていて、そこに疾患がある場合には、腰や背中にだるさや痛みを感じることがあります。

背中のどの辺りがだるかったり痛かったりするのでしょうか?部位によっても疾患は異なります。

以下ではいくつか考えられる疾患を挙げていますので、自分に当てはまるものはどれなのか、調べてみてください。

だるさや痛みの場所で予想できる内臓系の疾患とは

背中の上の方がだるい・痛い時

背中の上の方がだるい・痛い時

背中の上部がだるかったり痛かったりしますか?

身体の右側には肺があります。そのため、背中の右上部に違和感がある時には肺炎や肺結核を疑った方が良いでしょう。

だるさや痛み以外に呼吸が苦しかったり咳が止まらなかったりしたら、喘息や風邪などによる気管支炎を引き起こしている可能性もあります。喫煙することでも気管支炎を招きますので、まずはタバコを吸わないようにしましょう。

背中の左上部が痛い時には、身体の左側に心臓があるため心疾患が濃厚です。

冠動脈が詰まって狭心症や心筋梗塞を引き起こしている可能性があります。左上部から背中全体に痛みが広がった時には、大動脈の内膜が裂けてしまって解離性大動脈瘤になっている可能性もあります。

高血圧の方は罹患しやすいため、すぐに病院へ行きましょう。放置すると出血し、命に関わります。

背中の下の方がだるい・痛い時

背中の下の方がだるい・痛い時

背中の右下にだるさや痛さを感じますか?

お腹の右側のやや下方には肝臓や十二指腸があります。そのため、背中の右下に違和感がある時には十二指腸潰瘍やウイルス性肝炎を疑った方が良いでしょう。十二指腸潰瘍の場合には、お腹が空いた時にみぞおちや背中の右側に差し込むような強い痛みも感じます。

背中の左下にだるさや痛さを感じますか?

お腹の左側の下方には膵臓があります。そのため、背中の左下に痛みを感じる時には急性膵炎や膵臓がんを疑った方が良いでしょう。脂っこいものを食べたり多量にアルコールを摂取したりした時には急性膵炎に罹りやすくなります。

背中の下部全体が痛い時

十二指腸の下には腎臓があります。背中の下の方が全体的に痛む時には、腎盂腎炎や結石を疑った方が良いでしょう。

腎臓の結石が原因の場合には、発熱や血尿、冷や汗やめまいなどの症状も伴います。結石による痛みは、尿と一緒に排出されない限り治まらないため、出来るだけ早く病院へ行った方が良いでしょう。

腰まわりがだるい・痛い時

腰まわりがだるい・痛い時

腰まわりがだるかったり痛かったりしますか?

腰回りの違和感については、色々な原因が考えられます。まずは腰痛です。

長時間同じ姿勢でいたり、重いものを持ったり赤ちゃんを抱っこしたりしていれば腰痛になります。他には生理痛も考えられます。生理痛と聞くと下腹部痛をイメージするかもしれませんが、腰まわりにだるさを感じることもあります。

腰の痛みと共に高熱が出た時には卵管炎や子宮外妊娠を疑った方が良いでしょう。子宮内膜症も考えられます。

また、のたうち回るような痛みに突然襲われた時には尿路結石の可能性が濃厚です。

初期段階では筋肉痛のような違和感ですが、次第に我慢できないほどの痛みに変わっていきます。あまりの激痛で病院までたどり着けない人も多いため、そうなった時には救急車を呼んだ方が良いかもしれません。

PR