アデノウイルスは辛い症状が襲います。実はアデノウイルスの治療方法には対処療法が必要です。
257views

アデノウイルスは辛い症状が襲います。実はアデノウイルスの治療方法には対処療法が必要です。

現代医学がこんなにも進歩したのに、アデノウイルスを退治する薬はありません。出てきた症状に対して改善する治療を行っていくという対処療法です。やはり感染しないこと、それが何よりということがわかります。家族が感染したらアデノウイルスの治療・予防に努めましょう。

え?アデノウイルスの治療には特効薬がない?

アデノウイルスの治療には特効薬がない?

インフルエンザには特効薬と言えるかどうかわかりませんが、タミフルというお薬がありますし、リレンザというお薬があります。タミフルはインフルエンザにかかってすぐ飲むと症状がかなり軽くなるとして、大人に処方されます。タミフルもインフルエンザにかなり効果があり、子供にも処方されます。インフルエンザは次々と新しい新型ウイルスが発生しているため、薬とウイルスの追いかけっことなっていますが、アデノウイルスに関してはどうなのか?というと、実は!特効薬がないんです。

 

アデノウイルスと言っても病院行けばお薬があって、すぐに症状も良くなるだろうと思ったら大間違いです。特効薬がないため、症状に沿って対処していく対処療法です。
症状の出方がウイルスの型によっても違いがありますし、同じような症状を起こすこともあります。何とも複雑なアデノウイルスは感染しないことが何よりです。

アデノウイルスは対処療法、症状にどう対応する?

アデノウイルスには特効薬がなく、症状によって対応していくしか方法がないとすると、自分が感染した場合、どのような症状が起こったかによって治療がほかの人と異なるということになります。アデノウイルスの症状というと、特徴的なのが高熱です。38℃から40℃もの高い熱がでます。この症状に関しては解熱剤などの対応になります。のどの痛みについては炎症を抑える薬、化膿してしまう場合もあるので、この場合、抗生物質や化膿止めのお薬が処方されるでしょう。

 

医師の処方に従いお薬を利用して

 

熱やのどの痛みは辛いものです。医療機関に行っても特効薬がないから行かなくても同じなどと思わず、痛みを軽減してくれて熱を下げてくれる解熱鎮痛剤をもらい、辛い症状和らげ、とにかく安静を心がけましょう。痛みをとるだけでも睡眠がとれるようになりますし、吐き気がないようならおかゆなど消化のいいものを食べて体力を回復しましょう。
子供はかなり高い熱がでますし、熱によって脱水することもあります。水分が取れるようなら水分を与え、熱が高いようなら医師の処方に従いお薬を利用して辛い症状を少しでもとってあげることが早い回復につながります。

下痢は特に、市販薬を飲まないことが必要です

アデノウイルスの症状として、下痢や吐き気があります。吐き気があると水分が取れませんし、下痢は水分を排出してしまうので、脱水症状を引き起こす危険性があります。水分が取れなくなっているなら、夜間でもいいので医療機関に連絡し場合によっては受診しましょう。下痢の症状がある場合、大人でも子供でも、またアデノウイルスではなくても、市販の下痢止めを飲むのは危険です。下痢止めを利用することで便によってウイルスを排出することができなくなるからです。

 

下痢止めを飲むと便によってウイルスを排出できなくなる

 

下痢の症状があり、下痢止めなどを飲んでしまった場合、その後症状が悪化したら必ず医療機関で、下痢止めを服用したと伝えましょう。下痢はウイルスなどを体外に排出してくれますが、下痢止めを利用することで体内にとどめてしまう結果となります。その場合、胃腸の状態がよりひどくなったり、症状が長く続くなど悪化してしまう可能性があります。下痢の症状への対応は、水分補給、もし吐き気などがあり水分を補給できない状態なら、医療機関で水分補給の点滴などの処置が必要となります。

PR