RSウィルスの原因は何でしょう?流行は冬から春、呼吸器に感染し、殆どの乳幼児が感染するようです。
46views

RSウィルスの原因は何でしょう?流行は冬から春、呼吸器に感染し、殆どの乳幼児が感染するようです。

RSウィルスの原因は何でしょう?そもそもどんな感染症なのでしょう?冬から春にかけて流行するウィルスです。感染力も強く、ほとんどの乳幼児が感染するそうです。どんな症状なのでしょうか?潜伏期間はどれくらいなの?検査と診断の方法は?予防法はあるの?治療はどのように行うのかなどなど詳しく見ていきましょう。

そもそもRSウィルスの原因は何?どんな感染症なの?

RSウィルスの原因は何?どんな感染症なの?

RS感染症かも・・・

RSウィルスが原因でRSウィルス感染症にかかります。流行は主に冬から春にかけてです。RSのRは英語でrespiratoryの略で、「呼吸の」という意味です。つまり呼吸器系に感染するのです。その感染力はとても強く、2歳くらいまでにほとんどの子どもがかかります。免疫力は弱いので、繰り返しかかりながら、徐々に症状が軽くなっていくのです。風邪と症状が似ていますが、乳児が重症化すると危険ですので、注意が必要です。

RSウィルス感染症の症状や特徴は?

まず、RSウィルス感染症の特徴としては、1歳までに約半数以上が2歳までにはほぼ全員が、少なくとも一度は感染すると言われています。最初の症状としては、乾いた咳が見られ、発熱や鼻水が数日続きます。ほとんどの場合は軽症ですみます。熱は、38°台がほとんどで、39°台になることはあまりありません。ただし、はじめて感染した乳児の中には重症化するケースもあります。ひどくなると細気管支炎や肺炎といった重篤な症状になります。さらに、低出産体重児や先天性心疾患、慢性肺疾患、免疫不全などの乳児には細心の注意が必要です。ゼーゼーする、痰がつまる、呼吸数が増える、眠れないといった症状が現れたら要注意です。そばにいる親御さんが気をつけてあげましょう。

潜伏期間や診断方法は?

RSウィルスに感染すると4~5日の潜伏期間があります。感染経路は、飛沫感染と接触感染です。空気感染はありません。その後鼻水や咳、発熱などの症状が現れます。主に冬場に乳児が、鼻水や咳とともにゼーゼーしてきたらRSウィルスを疑います。その時鼻水を使ってRSウィルス抗原検出キットで診断します。ただし、これは入院患児のみが保険適用になります。

RSウィルス感染症の治療法は?

RSウィルス感染症の治療法は?

RSウィルス感染症には特効薬はありません。対処療法が主になります。発熱には冷やしたり解熱剤を用います。喘息を伴う呼吸器の症状には咳を鎮める薬や気管支拡張薬などを用います。脱水にならないようこまめに水分補給をこころがけましょう。二次感染がなければ抗生物質は使いません。効かないのです。他の風邪のように、水分補給、睡眠、栄養、保温をして安静に過ごしましょう。

RSウィルス感染症の流行パターン

RS感染症には、流行のパターンがあります。通常、秋から増加し12月にピークを迎えて、年明けに少しずつ減っていき、3月ごろにおちつくというパターンです。例外もあります。例えば2012年は、流行のスタートが早かったのです。秋に流行がピークに達して冬まで続きました。過去で最も多い感染数でした。

予防と注意すること

RSウィルスは感染するのです!

RSウィルスは免疫力が弱いと感染しやすい

RSウィルスは、免疫力が弱いと感染しやすいです。乳児がかかると重症化することもあります。飛沫感染や接触感染で感染ります。もし保育園などに通っていたら、細心の注意を払わなければなりません。予防としては、感染者との接触を避ける。そばにいなくても、感染者がさわったりしたものを触らないようにする、人ごみを避けるなどです。手洗いやマスクも大事です。消毒薬は有効です。手洗い場にひとつあるといいですね。赤ちゃんの具合が悪そうな時、乾いた咳をしている時、ミルクの飲み方が少ない時などなど、お母さんは常に注意が必要です。おかしいなと思ったら、保育園はお休みするくらいの覚悟も大切です。

大事なポイント

RSウィルス感染症について理解する大切さをお話ししてきました。重要なポイントは主に2点です。

1.RSウィルスは乳児が感染すると重症化することもある。
2.2歳以上でも大人でも風邪と間違えやすいので、気づかずにうつすことがあり、保育園児も大人も流行時期にはとくに注意が必要。

PR