冬場に猛威をふるうRSウィルス!高齢者は感染すると重症化するケースも!?RSウィルスの予防方法は?
78views

冬場に猛威をふるうRSウィルス!高齢者は感染すると重症化するケースも!?RSウィルスの予防方法は?

冬場に感染が多いRSウィルス。RSウィルスの予防方法や症状・治療についてなどを解説していきます。RSウィルスといえば、乳幼児に多い病気とイメージしがちですが、高齢者が感染してしまうと重症化してしまうケースがあります。RSウィルスに感染しないためには、しっかり予防することが大切。知識を深めましょう。

RSウィルスの予防方法は!?そもそもどんな感染症!?

では、まずRSウィルスがどのようなウィルスなのか解説していきます。RSウィルス感染症とは、その名の通りRSウィルスというウィルスに感染すると発症します。このRSウィルスというものは、世界中で確認されているウィルスで乳幼児期の2歳ぐらいまでには、ほとんど全ての子どもがこのウィルスに感染します。感染して重症化した場合、細気管支炎や肺炎になってしまうこともあります。

また、流行しやすい時期ですが、マイコプラズマ肺炎と同じで冬場に感染する人が増えます。しかし、近年は夏場以降にRSウィルス感染症に感染する人も多く、冬場以外の季節でもしっかりとした予防が必要になってきているようです。では、具体的な予防法を解説していきますね。

RSウィルスの具体的な予防方法は!?

近くの医療機関を受診して

RSウィルス感染症には、まだ効果的なワクチンなどが見つかっていません。よって飛沫感染や接触感染を防ぐことが大切になってきます。
まずは、手洗いの励行が必要です。石けんで綺麗に手を洗った後にアルコールで消毒をするとなお効果的です。RSウィルスは、石けんや塩素系の消毒液、アルコールに弱いという特徴もあるため、手洗いが感染予防の基本となります。また、子どもたちが遊ぶおもちゃなどもアルコールでこまめに消毒しましょう。
また、マスクも有効な予防法です!RSウィルスに感染している幼児を抱っこするときなどにもマスクをしていれば、ある程度感染を防ぐことが出来ます。最近は、薬によるRS感染症の予防もあるそうなので、気になったら、近くの医療機関を受診してみて、お医者さんに聞いてみてください。

妊娠中にRSウィルスに感染してしまったら・・・!?

胎児に影響は!?

胎児に影響は!?

妊娠中にRSウィルスに感染してしまったら胎児に悪影響なの?と心配になる方も多いと思います。
でも、安心して下さい。RSウィルスは、サイトメガロウイルスや風疹などとは違って、万が一妊娠中に感染してしまっても胎児に影響はありません。

大人の場合、RSウィルスに感染しても比較的症状が軽い傾向がありますが、妊娠中の場合に感染するとやはり何かと心配ですよね。妊娠中でも、病院を受診し、妊婦だということを伝えた上で処方された薬であれば、服用しても胎児にも影響はありませんが、薬はどうしても心配・・・という方は、のど飴を舐めたりして喉の痛みを和らげるのも1つの手です。

妊娠中にRSウィルスに感染したら、ハーブティーがいい!?

ハーブティーは、栄養満点!

おすすめはローズヒップティー

妊娠中にRSウィルスに感染してしまった・・・でも薬を飲むのもなんか抵抗あるし・・・そんな人にオススメなのが栄養満点のハーブティーです。
ただここで注意必要!妊娠中は、飲むと胎児に影響を与えてしまうハーブティーもあるためです。では、早速、栄養満点で体力回復に効果的なハーブティーをご紹介していきます。
それは、ローズヒップティーです。ローズヒップティーは、ビタミンCが豊富に含まれていて、「ビタミンの爆弾」と称されるほどです。ビタミンCは、体の免疫力を高めるので、抵抗力が下がっているときに積極的に飲みたいですね。ぜひ試してみてくださいね。

PR