胃がズキズキと痛い、嘔吐や下痢が続く・・・急性胃腸炎とストレスの関係
797views

胃がズキズキと痛い、嘔吐や下痢が続く・・・急性胃腸炎とストレスの関係

急性胃腸炎には2つのタイプがあります。1つがウィルスによる急性胃腸炎。もう1つが、ストレスによる急性胃腸炎。今回は、ストレスによる急性胃腸炎に注目をして、急性胃腸炎とストレスの関係について調べていきます。ストレスはやっぱり色々なところで支障を来すのですね。

急性胃腸炎とは?どんな症状なの!?

急性胃腸炎の症状は急な嘔吐と下痢

急性胃腸炎とは、いわゆる嘔吐、下痢の症状が突然やってくる病気です。発熱を伴う場合もありますし、微熱程度の場合もあります。多くの場合が、ウィルス性の感染か、細菌などの感染が原因となります。

急性胃腸炎とストレスの関係

急性胃腸炎はストレスと関連深い

今までは、急性胃腸炎となると、ウィルス性や細菌性などの感染源があるものが引き起こすものだと言われていました。しかしながら、最近では、急性胃腸炎とストレスには因果関係があると考えられるようになりました。つまり、急性胃腸炎と診断されても、もしかしたら、それがストレスによるものなのかもしれません。

ストレスが急性胃腸炎を引き起こす理由とは?

ストレスを抱えると脳に刺激が加わります。多少のストレスなら問題ありませんが、そのストレスが過剰になってくると、今度はその刺激が自律神経の乱れを招きます。自律神経は、人間の様々な器官に指示を与える部分です。ですから、その自律神経が乱れることにより、消化器官である胃や腸などを無駄に動かすように指示してしまいます。この指示によって、必要のない胃酸が過剰に分泌されて、胃の粘膜をあらしてしまいます。消化するものがない胃の中では、この胃酸が多く出てしまう事によって、胃炎を引き起こしてしまうのです。これがストレスによる急性胃腸炎の原因です。

自律神経の乱れで免疫が低下します

自律神経の乱れで免疫力が低下して感染に弱く

自律神経の乱れは、夜に眠れなくなったり、食欲不振にさせたりと、もともとの免疫力も低下させてしまいます。つまり、ストレスが原因となって、いつもなら体に寄せ付けない細菌やウィルスが体の中に入れてしまう、抵抗出来ない状態になってしまい、急性胃腸炎を引き起こすことも考えられます。直接の原因は、ウィルス性であったり、細菌性などが原因になるのですが、ストレスが引き金となり、免疫を低下させてしまうということも考えられるのです。

ストレスのない生活をするために

ストレスのない生活をすることが何よりも良いことは分かります。しかしながら、現代の世の中では、ストレスがないという生活を送ると言うことはほぼ出来ないと言って良いほど、ストレスとは切っても切れない世の中です。ですから、こういったストレスと上手に付き合っていく、うまくストレスを発散する場所を探すなどを私たちはしなければならないでしょう。

自律神経を乱さない

ストレスを感じない生活の工夫を

多少のストレスを抱えたとしても、自律神経を乱さないように心がけるだけで、体調不良にならないようにすることは出来ます。自律神経を乱さないためには、規則正しい生活をしましょう。偏った食生活ではなく、食事もきちんとバランス良く食べるように心掛けることが大切です。また、夜更かしをせずに、朝になったらきちんと目覚めること。こういうことをきちんと守るだけでも、自律神経の乱れを抑えることが出来ます。

ストレスによる急性胃腸炎を軽減しよう

小さなことですが、基礎体力をきちんとつけて、さらに睡眠をきちんととる、このようなことをこころがけて、自律神経を乱さないようにすることで、少なくともストレスに対して抵抗力がつくことにもなります。ストレスをなくすのではなく、上手に付き合っていくようにしましょう。

PR