おじいちゃんおばあちゃんになってもキレイな肌でいたい!老人性イボの原因や対処法などについて!
194views

おじいちゃんおばあちゃんになってもキレイな肌でいたい!老人性イボの原因や対処法などについて!

老人性イボって知っていますか?おじいちゃんやおばあちゃんのお肌にあるあの茶色いシミのようなホクロのようなもののことです。これは年をとれば誰にでもできてしまうものです。できるだけ長い間キレイなお肌を保つためにはどうしたらよいのでしょうか?老人性イボの原因や対処法などについてまとめてみました!

老人性イボっていったい何!?

お年寄りの大きな黒子…黒子でもシミでもなくイボらしい

おじいちゃんおばあちゃんのあのシミみたいなホクロみたいなものの正体は老人性イボだった・・!!

自分のおじいちゃんやおあばちゃんのお肌をよく見てみてください!二人とも肌に茶色いシミのようなホクロのようなものがたくさんできてはいませんか?
この正体はなんとイボ!年齢を重ねると肌に現れる老人性イボっていったい何なのでしょうか?

老人性イボの正式名称は、「脂漏性角化症」といいます。これは肌にできる良性の腫瘍のことです。首や目元、わきの下、背中などに多くできます。色は肌に近い色から黒色のようなものまでさまざまなものがあります。大きさも個人差があり、数ミリ程度のものから2センチくらいの大きなものまでさまざまなものがあります。

老人性イボができてしまう原因とは?

老人性イボはいったいどうしてできてしまうんだろう・・

老人性イボは紫外線が原因なので若くてもできることがあります

老人性イボは高齢の方にしかできないと思われがちですが、なんと早い人の場合20代くらいからでき始める方もいるので油断は禁物です。治療法を知る前にまずどうしてできてしまうのか知っておきましょう。原因がわかれば、将来できてしまうかもしれない老人性イボを減らすことができるかもしれません。

老人性イボは紫外線による肌のダメージによって引き起こされます。紫外線を浴びると私たちの肌の一番上の部分は紫外線から肌を守るためにメラニン色素を作り出します。メラニン色素は肌のターンオーバーによって取り除かれます。しかし、加齢によって新陳代謝が衰えると肌のターンオーバーがうまく機能しなくなってしまいます。
この機能しにくくなっているときに紫外線を浴び続けてしまうとメラニンが蓄積してしまいシミになってしまいます。このシミの表面が硬くなったり、ざらざらになっていくことによって老人性イボになっていきます。

老人性イボができたらどうしたらいいの?

老人性イボはできたからと言って焦る必要はありません!

老人性イボは体の目立つ部分にできるので恥ずかしいと感じる人が多いと思います。できてしまってからでは遅いと思う方も多いかもしれませんが、治療法もケア方法も充実しているので不安になる心配はありません。
自分でケアするのには、インターネットなどに売っているイボに効果がある化粧品が効果を発揮します。毎日のスキンケアにプラスしてイボのケアを行うことで改善していきます。病院に行く時間がない方や、病院に通うのが難しいという方にお勧めな方法です。しっかりと治療してしまいたいという方は病院に行くのがおすすめです。病院ではレーザー治療や液体窒素、薬などで治療を行うことができます。お財布と時間に余裕がある方にお勧めです。

老人性イボができないようにするためには?

老人性イボが年をとってもできないようにしっかりと予防しよう!

年を取った時にイボができない様に若いうちに紫外線のダメージを蓄積させないようにしましょう

老人性イボは多くが年を重ねてからできてしまうものですが、若いうちから肌に紫外線のダメージを蓄積させないことも大切です。今からできる予防方法についてご紹介します!

とにかく紫外線対策は重要です!日焼け止めだけでなく、日傘や帽子、アームカバーなどを使用して徹底的に紫外線から肌を守りましょう!また、日焼けしてしまった後の肌を化粧水などでしっかりと保湿しダメージを軽減することも大切です。

PR