肌のキメが粗いとお悩みであれば、原因を知り効果的な対策を講じましょう
182views

肌のキメが粗いとお悩みであれば、原因を知り効果的な対策を講じましょう

肌の胃目が粗い原因は、皮膚の表面上に細かく並ぶ無数の三角形状の不均一です。皮丘と呼ばれるこの部分は乾燥に因って収縮し、個体差を大きくする為、適度な保湿対策が大切です。その他心身全体のコンディションの上下も肌にダイレクトに反映されるので、先ずは日常生活全体の見直しから着手するのがベターです。

遺伝だと諦める前に

キメ細やかな肌になりたい

「キメ細やかな肌」は世の全女性の憧れですが、同時に「肌のキメが粗い」と悩んでおられる女性が、潜在的に数え切れない事を皮肉にも証明していると言えるでしょう。友人間での情報交換やインターネット検索などを通じ、色々と対策を調べては講じてみるモノの、期待通りの効果が得られず、遂には「母親も姉もザラザラ肌だし、これは遺伝だから諦めるしかない!」と匙を投げてしまわれるケースも見られます。ですが短気は損気です。冷静に原因を見極め、それに適した対策を実践する事で、肌のキメを細やかに整える事は十分可能なのです。

 

あれこれ試してみても効果は得られず…ということもあるかもしれませんが、諦めずに!

キメが粗い肌をキメ細やかに変化させる事は難しくとも、キメを整える事は努力で十分可能です。「キメを整えるって?」という疑問の声が聴こえて来そうですが、これは皮膚の表面に見られる細かい三角形形状の凹凸を均一に揃える事であり、これらの三角形状は「皮丘」と呼ばれています。

不揃いな皮丘を均一に揃えよう

皮丘の頂点を滑らかに揃える事でキメ細やかな肌に

キメが粗い肌の場合、皮膚の表面上に無数に並ぶ皮丘の凹凸の個体差が大きく、それが触れた際のデコボコ感に繋がっています。皮丘の大きさを揃える事は肉体的に不可能ですが、皮丘の頂点を滑らかに揃える事は十分可能であり、その鍵を握るのが皮膚の潤い、すなわち含有する水分量なのです。既に勘の良い方であればお気づきの通り、キメが粗い肌=乾燥肌である可能性が大であり、皮膚の表面から皮下細胞に適度な潤いが保たれた状態に戻してあげる事で、肌のキメを細やかに出来るのです。

たとえば過剰な洗顔は、適度な肌の潤いを削ぎ落してしまいます。

肌のうるおいを損なう様な過度な洗顔はやめよう

顔面の皮膚であれば、研磨剤を含む過度な洗顔回数は乾燥肌に直結しますし、腕や脚、身体全体の各部位にはそれぞれ、適切な洗い方と水分を保つノウハウが幾通りも存在しています。日常の皆さんのお肌のケアに間違いは無いか、まずは自己確認から着手されると良いでしょう。いきなりキメ細やかな肌に変身させてくれる特効薬は存在しません。大切なのは自身のお肌の状態を正しく知り、何を為すべきなのかを見極める作業なのです。

正しい対策を講じて改善を

キメが粗い肌の改善は、保湿を意識したスキンケアのノウハウに注意するだけでは不十分です。お肌の状態を大きく左右する要因には、全身の体調の好不調や、メンタル面の影響も無視出来ません。お肌のメンテナンスに絞った自己検証の次は、日々の生活習慣を総合的に見直す事も大変重要です。不規則な睡眠や偏食は乾燥肌や脂肌に直結しますし、ストレスも肌荒れの大きな要因として衆知されています。ここで気を付けるべき点として、過剰に肌の状態に意識を集中しすぎない姿勢です。あくまでリラックスして楽しく毎日を過ごしていれば、自然と私達の肉体は活き活きと元気になり、それが皮丘の潤いと均一化にも繋がって行きます。負担を感じず日常的にケア出来る習慣を身に付けた上で、美味しく食べ、楽しく過ごし、良く眠り寝覚めバッチリ!キメが粗い肌の改善の実現は、これらの先に待っているのです。

肌だけを改善するのではなく、心身全体を見つめ直すところから着手しましょう。

お肌は日々の生活の質の良さを反映しています

PR