帰宅時間が遅くなって、そのまま寝ちゃった!化粧したまま寝てしまった際の対処法ってどうすればいいの?
400views

帰宅時間が遅くなって、そのまま寝ちゃった!化粧したまま寝てしまった際の対処法ってどうすればいいの?

化粧したまま寝てしまった際の対処法は、翌朝、クレンジングを行うことが大切です。クレンジング後は、洗顔フォームを良く泡だてて、綺麗に顔を洗いましょう。朝時間があればシートパックやコットンパックをして肌に潤いを与えましょう。

化粧したまま寝てしまった際の対処法

91c5a6ca0f71e4f8885bce9afecbfb59_s

飲み会や仕事などで帰宅時間が遅くなり、うっかりそのまま寝てしまった経験はないでしょうか。そんな朝は、顔がとっても脂ぎっていて、肌がベトベトという状態ではないでしょうか。そこで化粧したまま寝てしまった際の対処法についてご紹介します。

何故、顔が脂ぎってしまうの?

化粧したまま眠ってしまった翌朝、肌がかなり脂でギトギトした状態になっていることでしょう。この脂汚れの正体は、一日経過したファンデーションが酸化した汚れでもあり、肌から出た汗や皮脂が混ざり合ったものなのです。酸化した皮脂汚れは、雑菌にとってはまさにごちそうです。実は肌には常在菌が住んでおり、酸化した皮脂汚れを放置しておくと、雑菌も繁殖しやすくなるのです。

クレンジングと洗顔は丁寧に!

朝、時間がないいという方は、とにかくクレンジングと洗顔を行うことです。

皮脂が取れた状態なので、水分補給と脂の膜を!https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_02_ASE_061500-thumb-autox1000-12076

クレンジングと洗顔をしっかり行った後は、しっかり化粧水で、肌に潤いをあげましょう。一日メイクしたまま眠ると、肌は実は乾燥気味になってしまうのです。そこで、肌に、たっぷりと化粧水を浸透させてあげましょう。肌に水分補給をした後は、乳液などを塗って肌の表面に脂の膜を作っておくと、潤いを肌の中に閉じ込めておくことが出来ます。

できればノーメイクデー

できることならば、翌日はノーメイクデーにして肌を休ませてあげるとよいでしょう。

仕事へ行かなければならないときは?

翌朝、仕事へ出かけなければならないとき、顔がむくんでいる状態でもあるため、濡らしたタオルをレンジで温め蒸しタオルでだいぶ気分もさっぱりすることでしょう。

朝風呂に入る時間があれば

180444330

朝風呂御に入る時間があれば、お風呂に入りましょう。実はお風呂に入ると血行がよくなり、メイクしたまま寝た肌も元気を取り戻すことができるのです。気分もリフレッシュすることができますよ。

メイクしたまま寝ないための対策

メイクしたまま寝てしまわないように、対策をとっておきましょう。お酒を飲むときは、飲みすぎないようにすること。自分の限度量を知っておくこと。簡単にメイク落としが出来るように、拭きとりタイプのメイク落としを用意しておきましょう。丁寧なクレンジングをするのは面倒だなと思っても、拭きとりタイプのシートだったら、扱いも簡単なので、サッとメイク落としが出来ます。

加齢とともに、肌が生まれ変わるサイクルが伸びる

一日メイクしたまま眠ってしまうと、肌へのダメージは相当なものです。また肌が生まれ変わるサイクルは、通常28日間と言われていますが、加齢とともにその肌サイクルの日数が増えていくのです。20代の肌は28日間。30代の肌は40日間。40代の肌は55日間。50代は75日間。60代はなんと100日間も必要なのです。つまりメイクしたまま眠ると、年齢によってダメージ率も高くなっていくということです。若い時は、無理が効きますが、年齢が上がるにつれて無理が効かなくなってしまうので、肌のためには規則正しい生活をすることが一番なのかもしれません。

次の日は、早く帰宅したっぷり眠りましょう

11031080872

メイクしたまま眠ってしまった次の日の夜は、早めに就寝して肌も心も身体も休ませましょう。

PR