大きなシミはなぜできる?大きなシミができる原因と改善方法
68views

大きなシミはなぜできる?大きなシミができる原因と改善方法

シミは一度できてしまうと改善するためには時間と労力が必要です。大きなシミができてしまうとショックですよね。大きなシミを作らないようにするためにはどうすればよいのでしょうか?大きなシミができる原因とその改善方法についてご紹介しましょう。

大きなシミと小さなシミ シミの種類で異なる原因

大きなシミと小さなシミ シミの種類で異なる原因

大きなシミと小さなシミは、シミの種類が異なるのですが、できる理由もそれぞれで違ってきます。シミの種類によって異なる原因とそれらの改善方法をご紹介しましょう。

種類別にみるシミの原因

種類別にみるシミの原因

シミには大きく分けて4つの種類があります。それれの種類別にできてしまう原因をご紹介しましょう。

【老人性色素斑】

老人性色素斑は、大きな茶色いシミで、今までに浴びてきた紫外線が関係しています。あるとき突然老人性色素斑ができたように思いますが、これまでの紫外線ケアの結果が出てきてしまったのです。表皮が少し盛り上がっているよに感じ、光老化の症状が原因となります。

【炎症性色素沈着】

炎症性色素沈着のシミは、傷痕や虫刺され、やけどなどが影響して肌が傷つき、そこに色素沈着を起こしてしまいます。シミの大きさは比較的小さいものが多く、体を強く洗ってしまったり、ストレスを強く受けることで表れてきます。

【肝斑】

30代からあ40代の女性に多く表れるのが肝斑とよばれるシミです。形は、それほどはっきりとしないのですが、比較的大きなシミで、色がぼんやりと薄い茶色をしているのが特徴です。

妊娠をしている時や、ピルを飲んでいる女性にも多くでやすいシミです。肝斑ができる原因は、女性ホルモンのバランスが乱れることだといわれています。

【そばかす】

そばかすは大きさが5ミリ以下の小さなシミです。頬のあたりにまばらにできるのが特徴で、遺伝が関係していると言われています。10代のころにでき始めるため、思春期の女の子の悩みの種となることが多いです。

種類別にみるシミの改善方法

種類別にみるシミの改善方法

【老人性色素斑】

比較的大きなシミである老人性色素斑を改善するためには、ケミカルピーリングや凍結療法、レーザー治療などの方法があります。このような治療を行った後は、紫外線対策をしっかりと行う必要があります。日焼け止めや帽子、サングラスなどを活用して、紫外線を浴びないことが大切です。

【炎症性色素沈着】

美白クリームや美白化粧水、美白美容液などとあわせてビタミンCを飲むことで改善が期待できます。また、ケミカルピーリングを行ったり、イオン導入をすることも効果があるといわれています。また、皮膚の炎症を抑制する効果のあるトラネキサム酸を使うことで改善できます。

【肝斑】

肝斑は女性ホルモンの乱れによって起こるため、内服薬を使って改善することができます。ビタミンCやハイドロキノン、トラネキサム酸などを服用することで、できてしまった肝斑の改善が期待できます。

【そばかす】

そばかすは、レーザー治療や光治療など皮膚科での治療で改善が期待できます。皮膚科で治療を受けた後は、美白化粧品を使ったり紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

大きなシミや小さなシミを予防するためには?

大きなシミや小さなシミを予防するためには?

大きなシミや小さなシミ、これらのシミを予防するための3つのポイントをご紹介しましょう。

【紫外線対策】

外出をするときには、必ず日焼け止めを塗り、帽子やサングラス、日傘などで紫外線対策をすることが大切です。日焼け止めにはSPFとPAでどのくらいの紫外線をカバーできるのかが書かれているため、参考にしましょう。日常生活の紫外線を予防する場合、SPFは10~20、PAは++~+++のものを選ぶと良いでしょう。

【保湿】

洗顔後に保湿クリームや乳液を使うことによって、肌の新陳代謝を正常にすることができます。保湿をすることで皮脂分泌も整ってくるため、洗顔後の保湿は欠かさないようにしましょう。

【睡眠】

肌のターンオーバーが行われる22時から深夜2時の間は、しっかりと寝ていることが大切です。夜更かしをせずに肌をしっかりと休ませて、新陳代謝を正常にしてシミを予防しましょう。

PR