肌サビを防ぐ食べ物、抗酸化物質スカベンジャーとは
64views

肌サビを防ぐ食べ物、抗酸化物質スカベンジャーとは

肌サビとは金属のように肌が酸化して劣化することです。肌サビは肌荒れや老化の原因となります。そこで、肌サビを防ぐ食べ物を探ってみました。抗酸化物質を含んだ食べ物と、体内で生成される降参か物質の材料となる食べ物の2種類に分けられます。

肌サビって何?

肌サビって何?

金属が錆びるのは、金属が酸化して腐食したり劣化することを指します。肌は金属ではありませんが、活性酸素によりやはり酸化により荒れたり老化します。これは肌サビと呼ばれています。

活性酸素で肌がサビるのはどうして?

活性酸素は呼吸で酸素を取り入れると必ずできてしまう化合物です。年齢やストレス、喫煙、紫外線などによって増加します。活性酸素は細胞膜を過酸化脂質に変え、DNAを破壊し、シミやシワ、水分保持量の低下などあらゆる老化を引き起こします。

肌サビを防ぐ方法

呼吸も加齢も生きていく上で避けて通れません。そのため、肌サビを完全に防ぐことはできませんが、ある程度予防はできます。肌サビを促進するタバコや紫外線、ストレスを避けましょう。肌サビ対策の化粧品もあります。

実は普段食べているものの中に肌サビを防ぐ食べ物もあるのです。

抗酸化物質スカベンジャー

抗酸化物質スカベンジャー

「抗酸化物質スカベンジャー」。ヒーロー戦隊のような名前ですが、性質もヒーロー戦隊に似ています。

スカベンジャーとは抗酸化物質のことで、さまざまな種類の酵素です。1つ1つは1種類の働きしかできませんが、力を合わせることで活性酸素を撃退することができます。

スカベンジャーは食べ物から取り入れられるものと、食べ物を原料に体内で合成されるものの2種類あります。

外因性スカベンジャー

抗酸化ビタミン

肌サビを防ぐ食べ物の代表がビタミンCやビタミンEなどのビタミン類です。

この2つは力を合わせることが重要です。水溶性ビタミンであるCは水分の、脂溶性ビタミンであるEは脂質の酸化を還元します。ビタミンCは果物や緑黄色野菜、淡色野菜に多く含まれます。ビタミンEはナッツ類や魚卵などで摂ることができます。

ポリフェノール

ポリフェノール

抗酸化ビタミンと並ぶ外因性スカベンジャーがポリフェノールです。

ポリフェノールは植物性の色素や香料で肌サビだけでなくそれぞれのポリフェノール固有の健康効果や美容効果もあります。ポリフェノールはコーヒーや赤ワイン、ココア、緑茶などの香りの強い飲み物や、赤ワインやブルーベリーなどの赤紫の食べ物、ゴマや生姜、蕎麦等の香りの強い食べ物に多く含まれています。

カロテノイド

赤やオレンジ、黄色などの鮮やかな天然色素がカロテノイドで、高い抗酸化作用があるものがあります。緑黄色野菜や赤い果物、甲殻類などに多く含まれ、ビタミンAの材料にもなります。

内因性スカベンジャー

スカベンジャーは食べ物で摂るだけではなく人間の体内でも合成されます。ただし、それには材料が必要です。内因性スカベンジャーの材料も肌サビを防ぐ食べ物のひとつです。

たんぱく質

たんぱく質

体内で作られるスカベンジャーの代表はSOD、グルタチオンペルオキシダーゼ、カタラーゼですが、主な材料はたんぱく質です。

特に体内で合成できないたんぱく質を必須アミノ酸といいますが、たんぱく質をバランスよく食べることが抗酸化対策には大切です。肉や魚、卵、豆、乳製品などがおすすめです。

ミネラル

内因性スカベンジャーを作るために必要なのはたんぱく質とミネラルです。銅、亜鉛、マンガン、鉄などのミネラルの摂取はスカベンジャーには欠かせません。レバーやカキ、しょうがなどまんべんなく食べましょう。

PR