カサカサ粉吹き肌の対策 保湿プラス修復が大切
30views

カサカサ粉吹き肌の対策 保湿プラス修復が大切

空気が乾燥してくると、カサカサの粉吹き肌になることがありますよね。粉吹き肌になると、メイクがうまくのらないので、早期に対策が必要です。乾燥した粉吹き肌の対策についてご紹介しましょう。粉吹き肌の対策ポイントは、保湿と修復です。

カサカサの粉吹き肌、保湿だけはNGって知ってた?

空気が乾燥してくると肌からも水分が失われていくため、粉吹き肌になりやすい状態に。

粉吹き肌を解消するために、保湿クリームや乳液を使っている方はいらっしゃいませんか?

粉吹き肌の対策に大切なのは、保湿と修復です。保湿だけではいけない理由等をご紹介しましょう。

粉吹き肌になる理由とは?

粉吹き肌になる理由とは?

秋にかけてだんだんと涼しくなってくると、粉吹き肌になるという方は多くなります。

夏から秋、そして冬へと季節が移り変わるときには、空気が乾燥してきます。夏に比べて湿度が低下して空気が乾燥する時期は、皮膚の中に入っていく水分の量が低下してしまいます。そして、冬になると部屋の中ではヒーターなどの暖房器具が使われ、さらに湿度が下がって空気が乾燥し、肌の水分が失われていきます。

また、人間の細胞は保湿成分をつくる機能を備えているのですが、これが年齢とともに低下してしまうため、歳を重ねる度に乾燥肌になってしまいます。

粉吹き肌の肌状態

粉吹き肌の肌状態

Dry / quinn.anya https://www.flickr.com/photos/quinnanya/2535536849/

粉吹き肌を顕微鏡で拡大してみてみると、肌の表面の各層の形が壊れてスカスカの状態になっています。

正常な肌であれば、細胞が隙間なく並んでなめらかですが、粉吹き肌になるといびつな形の細胞もみられます。粉吹き肌になると、肌表面のバリア機能が損なわれてしまうため、外部からの侵入物が多くなってしまいます。

粉吹き肌を繰り返す方は、肌のターンオーバーが早まっています。

しっかりと肌細胞が成長しないうちに肌の表面に出てきてしまうため、乾燥しやすい肌になってしまいます。ターンオーバーを正常化するためには、肌の奥からしっかりと修復できる保湿剤が大切です。

粉吹き肌の対策法は?

粉吹き肌の対策法は?

粉吹き肌の対策法を3つご紹介しましょう。

【洗顔】
粉吹き肌を予防するためには、毎日肌をきれいに保つことが大切です。きれいな肌をキープすることで、肌のターンオーバーが正常化されます。洗顔をするときは、肌を傷つけないように、やさしく泡で洗うようにしましょう。

【保湿ケア】
粉吹き肌を改善するためには、保湿ケアが大切です。肌の表面から水分が蒸発しないために、洗顔後は化粧水で水分を肌に入れ、保湿クリームや乳液で保湿ケアをしっかりとしましょう。保湿剤の選び方については後ほど詳しくご紹介します。

【紫外線対策】
紫外線をあびると、肌を守る力や水分保持力が低下してしまいます。そして、粉吹き肌になってしまうため、外へ出かけるときは、日傘や日焼け止めなどで紫外線対策をしましょう。

保湿で大切なのは「保湿力」と「修復力」

保湿で大切なのは「保湿力」と「修復力」

Vaseline Bling / mamamockingbird77 https://www.flickr.com/photos/27353377@N04/12493018174/

保湿クリームや乳液を選ぶときは、肌の表面だけを保湿するのではなく、肌の内側から修復する力のあるものを選ぶことが大切です。まずは、保湿剤に使われている成分をチェックしましょう。

【ワセリン】
ワセリンは、皮膚の表面をコーティングする保湿剤です。

【尿素】
尿素は、角層を柔らかくして肌をなめらかにしてくれます。ひび割れた肌につかうと、さらに肌の状態が悪くなるので注意が必要です。

【ヘパリン類似物質】
ヘパリン類似物質は、角層の下の部分の肌の奥まで浸透し、修復をしてくれる効果があります。粉吹き肌の修復をするのであれば、ヘパリン類似物質が入っている保湿剤を選ぶようにしましょう。

PR