顔から粉吹き現象が頻発!乾燥による粉吹き対策はとにかく保湿が鉄則
264views

顔から粉吹き現象が頻発!乾燥による粉吹き対策はとにかく保湿が鉄則

顔から粉吹き!春先や、秋から冬にかけて乾燥する時期になると、顔が粉を吹いたようになってしまうことはありませんか。 冬の乾燥は夏に比べると湿度がグッと低くなります。普段は普通肌の方も乾燥しやすくなるので、保湿対策を万全にすることである程度防ぐことができますよ。

顔から粉吹き!その原因は肌の乾燥

普段は健康な肌質タイプで、肌の状態がいいという方でも、冬場や春先など外気が冷たく乾燥してくると、乾燥肌になってしまうことも。
見た目にもわかるような粉吹き肌にはなりたくないですよね?基本的なスキンケアをしっかり行うことで、肌の乾燥を防ぐことが出来、さらに顔から粉吹き対策もすることができるので紹介します

肌の水分補給はしっかりと

drops-of-water-578897_640

 

肌の水分補給をするのは乾燥を防ぐ上でマスト事項!肌の水分補給はしっかりと十分な量を補給するようにしましょう。タイミングは洗顔などした後5分以内がオススメです。なので洗顔をする場所の近くに化粧水を置いておきましょう。ポイントはコットンに染み出るぐらいに、化粧水をつけてパッティングしながら、水分を肌の角質まで届けるように丁寧に行うことです。

また週に1回のスペシャルケアとして、コットンを薄く裂いて、化粧水をたっぷりとつけて顔全体をコットンパックすると、肌に潤いを与えることができます。

注意➤コットンパックをする時は短時間で

コットンパックをするのなら、時間は短めに切り上げるましょう。
化粧水の成分は蒸発しやすいので、長期間パックすると逆に水分が抜ききってしまい、乾燥してしまうこともあります。

水分補給を完璧にしたら、油分で膜を作ろう

せっかく肌に化粧水をたっぷりと与えて水分補給をしても、油分で脂の膜を作らなければ肌に入れた水分は蒸発してしまいます。
そこで化粧水で十分に肌を潤した後は、必ず乳液などの油分で肌に膜を作るようにやさしく塗り込みましょう。

乳液は温めて!

ここで効果的な乳液の使い方をご紹介します。乳液を手のひらに適量おいたら、手のひらで伸ばして温めてください。これをやることによって、温められた乳液が肌に浸透しやすくなり、肌がしっとりと潤いを保つことができます。

お肌のスキンケアは毎日のことですから、いかに丁寧に行うかが大切です。
その後、美肌になるか、粉吹き肌になってしまうかの分かれ道となってしまいます。
忙しい日常の中でも、肌の基本的なスキンケアを丁寧に時間をかけて行えば、冬場も美しい肌を保ち続けることができるでしょう。

仕事場でできる粉吹き肌対策

office-620817_640

自分のデスクに小さい加湿器をおく

一日中オフィスで働いている女性にとっては、オフィスの乾燥した室内の空気が、肌を乾燥させる元になっています。夏場も冬場も、快適な温度を保つために、オフィスの中ではエアコンがほぼ一日中動いているのではないでしょうか。
そこで、自分のデスク周りだけでも、潤いのある空間にしてみませんか?たとえば、紙で出来た簡易加湿器があります。
これは、扇状になった紙の部分と受け皿がついており、受け皿になった部分に水を入れておくだけで、扇状になった紙の部分から水分が空気中に放出されるというものです。
ミストで空気を潤すのとは違い、自然に水分を蒸発させているので、自分がいるところだけ、湿度をあげることができる便利グッズです。

他にも小さな家電製品として超音波式でアロマが使える加湿器があります。
小型サイズなので、自分専用の潤い空間を保つことができます。
また自分が持っているアロマオイルを使うことができるので、香りにも癒されそうですね。

社会人になってから、肌が粉を吹くようになったと感じるのなら、オフィスが乾燥しているせいかもしれませんよ。
こうしたグッズを取り入れて、活用してみましょう。

PR