今では常識!?お肌にグングン浸透する温め化粧水の使い方について
153views

今では常識!?お肌にグングン浸透する温め化粧水の使い方について

気になる肌の乾燥で、日ごろから化粧水や乳液、美容液でケアをしている人が大半だと思います。冷蔵庫で冷やしておいた化粧水で肌を引き締める!という方法もありますが、最近は化粧水を温めるという方法もあるそうです。今回は温め化粧水の使い方についてご紹介していこうと思います。

温め化粧水の使い方はこれ!

温め化粧水の使い方はこれ!

「化粧水は、けちけち使わずに浴びるように使ったほうが良い」と聞いたことはありませんか?

これは、肌に化粧水を浸透させたいからです。肌に化粧水をグングン浸透させるには、冷たい化粧水よりも温かい化粧水のほうがおすすめなのです!人肌に温めた化粧水のほうが、保湿力・浸透力がはるかに上がるのです。

手で温める方法もありますが、まるで高級美容液を使っているかのような嬉しい効果があるのは「レンチン化粧水」です!いつもの化粧水をレンジでチンするだけですよ。

その方法はとっても簡単です。小皿に化粧水を適量入れて600Wで7秒間チン!レンジで温めてください。化粧水をコットンに染み込ませ、肌にあてていきます。その後、ハンドプレスで馴染ませます。温めた化粧水をコットンパックにするのもおすすめです!

ここで注意事項があります。どんな化粧水でも良いわけではありません。ビタミンCが含まれている化粧水、ジェル状の化粧水は適しません。ビタミンCが含まれているものは、加熱することにより成分が壊れてしまいます。

ジェル状のものは、均等に加熱されない場合があるのです。レンジでチンする前に、お持ちの化粧水の成分表をよく読み、大丈夫そうならやってみてください!

より化粧水を浸透させるために・・・

より化粧水を浸透させるために・・・

もうひと手間をすると潤い肌になれちゃいますよ。そのひと手間とは、適温に温めたホットタオルを首の後ろに置きます。その状態で、レンジでチンした化粧水でケアをすればスペシャルケアに早変わり!
簡単ですよね!この手間だけで、化粧水の浸透力が上がるのがすごいところ。

首の後ろを温めることにより、毛穴が開きやすくなり化粧水の浸透力が上がるそう!お子さんのいらっしゃる方は、なかなかできないかもしれませんが、お子さんが寝静まった時や、旦那さんに任せて至福の時を過ごしてみてはいかがでしょう。

いつまでもきれいでいたいと思うのが女性です。タオルを温める・化粧水を温める手間がありますが、きれいには変えられません!

クレンジングもレンジでチン!?

クレンジングもレンジでチン!?

クレンジングをする前に、こちらもレンジでチンして温めるのも良いそうです。いつもよりメイク落ちが良くなって毛穴が目立ちにくくなると言われているのです!アイメイクなどの頑固なメイクも簡単にツルっと落とせて肌を必要以上に擦らなくてもいいので、温めないクレンジングより肌へのダメージを軽減できます。

温め化粧水もそうですが、温めクレンジングも毛穴が目立ちにくくなるというのは、嬉しいですよね。イチゴ鼻で悩んでいる方にもおすすめですよ!

人肌に温めた化粧水やクレンジングは気持ちが良いのでリラックスできますよ。

乾燥が肌がもたらすダメージは、バリア機能が下がるので雑菌等の影響を受けやすくなったり、整えた角質が乾燥ではがれてしまって毛穴が目立ってしまったり、乾燥で水分が奪われてしまうと「皮脂」がカバーしようとさらに「皮脂」を出す状態になり、「乾燥ニキビ」が登場してしまいます。

そうなってしまう前に、温め化粧水で乾燥を防ぎ、きれいな肌を保っていきましょう!きっと透き通ったキメの細かい肌が手に入ります。ぜひ試してみてください。

PR