頭皮トラブルの原因は複合しやすく改善するのが難しい?
92views

頭皮トラブルの原因は複合しやすく改善するのが難しい?

頭皮トラブルの原因は、ひとつだけとは限らず複合しやすいのも厄介なところです。原因により対処法も変わってきますから、最初に原因をきちんと確認しておく事が大切です。原因がはっきりすれば適切な対処も可能です。

頭皮トラブルの原因に応じた対処法・シャンプー編

毎日シャンプーをしていても、洗い方が間違っていたり、洗浄力が強すぎたりすると頭皮トラブルの原因になります。頭皮は皮脂の分泌量が他に比べて多い事や、常に毛髪に覆われている事から蒸れやすい状態となります。元々トラブルが起こりやすい部分と考える事もできますが、シャンプーが状況を悪化させ頭皮トラブルの原因となる事も少なくありません。

シャンプーの成分や洗い方が頭皮トラブルの原因になる事があります。シャンプーの成分や洗い方が頭皮トラブルの原因になる事があります。

頭皮トラブルの原因がシャンプーにある場合は、洗浄成分や配合している成分を見直してみましょう。石油系界面活性剤やシリコンを使用しているシャンプーは、汚れ落ちが良く、指通りもなめらかですが、必要な皮脂まで洗い流し、頭皮を乾燥させます。髪に付着したシリコンが剥がれ落ちる時にシリコンと一緒にキューティクルを剥がし、毛穴詰まりの原因となります。さらにゴシゴシと頭皮を擦れば自ら頭皮環境を悪化させ、頭皮トラブルの原因を作ってしまいます。毛穴詰まりは頭皮ニキビや抜け毛の原因となります。洗いすぎや落としすぎは頭皮を乾燥させますが、これが逆に皮脂の過剰分泌につながります。

シャンプー後のドライヤーが頭皮トラブルの原因に?

シャンプーを正しく行ったとしても、その後に使うドライヤーの使い方が間違っていると、頭皮トラブルの原因となります。毛量や髪の長さにもよりますが、ドライヤーはできるだけ短時間で済ませるよう心がけましょう。髪の内側までしっかりと乾かす事が大切です。熱風だけを当て続けると、火傷をする恐れもありますし、髪を傷めます。冷風と熱風を上手に使い分けましょう。内側まできちんと乾かさないと湿気がこもり、マラセチア菌が繁殖し、脂漏性湿疹の原因となります。マラセチア菌は常在菌ですが、一度炎症を起こすと増殖します。カビの一種という事もあり、寝具にも付着しますし、悪化させると顔や首にも炎症が広がります。

ドライヤーの正しいかけ方を知っておきましょう。

ドライヤーの正しいかけ方を知っておきましょう。

ドライヤーをかける時は、ヘアピンなどで髪をブロッキングし、内側から乾かし始めましょう。最後に冷風を当てる事で湿気がこもるのを防ぎ、髪の広がりを抑える効果も期待できます。熱風は乾燥ややけどの原因となるので、できるだけ頭皮から離して使いましょう。最後に手で触ってみて、内側までしっかりと乾かせているかどうかも確認する事が大切です。

日常生活や食事も頭皮トラブルの要因になりやすい!

意外と見落としがちなのが、生活習慣や食事です。不規則な生活による寝不足は、想像以上に体にダメージとストレスを与えますから、頭皮環境も悪化します。寝不足やストレスは体を冷やし頭皮を乾燥させます。脂っこい物を好んで食べる人は、頭皮の皮脂を過剰に分泌させる原因となる事があります。皮脂の過剰分泌は毛穴詰まりを起こしやすく、頭皮が皮膚呼吸できなくなり、髪の成長を妨げ抜け毛や薄毛の原因にもつながります。頭皮ケアだけをしても、生活習慣や食事を改善しない限り、頭皮トラブルの原因も改善されません。頭皮ケアは原因に応じてその都度対処していきましょう。一度改善されてもすぐに再発しやすい傾向があるので、ヘアケアは習慣にしていきましょう。

生活習慣や食事から摂る栄養も頭皮トラブルの原因になる事があります。生活習慣や食事から摂る栄養も頭皮トラブルの原因になる事があります。

PR