椿油でスキンケア つやつやのお肌を手に入れるための椿油活用法とは?
227views

椿油でスキンケア つやつやのお肌を手に入れるための椿油活用法とは?

椿油でスキンケアをすると、つるつるのお肌が手に入ることをご存知ですか?カサカサの乾燥肌にお悩みの方は、椿油を活用して、きれいな素肌を手に入れてみませんか?自宅で簡単にできる椿油活用術をご紹介しましょう。

椿油は髪以外にも使える!椿油でスキンケアをしよう

椿油でスキンケアをしよう椿油は、髪の毛にぬってつやつやヘアにするだけでなく、椿油でスキンケアもできてしまいます。フェイスケアやボディケアなどお肌に関するケアなら、つやつやになること間違いなしの椿油を使ってみましょう。

魅力がいっぱいの椿油

椿油は、オレイン酸がたっぷり入っています。オレイン酸は脂肪酸の中で一番酸化しにくく、健康に良いとされています。オレイン酸は、人間の皮脂の成分でもあって、肌を乾燥から守ってくれるのです。人間は皮脂のバランスが崩れることによって、ざらざらとした乾燥肌になってしまいます。お肌のハリや潤いを取り戻すためには、酸化しにくいオレイン酸が含まれている椿油がぴったりなのです。

椿油は、髪につけることによって、つやつやの指通りにしてくれる他、髪を紫外線など外部のダメージから守る効果もあります。髪をドライヤーで乾かすときの熱からも守ってくれます。また、抜け毛や白髪になることを防いでくれる効果も期待できます。さらに、頭皮の新陳代謝を高めてくれるため、ふけやかゆみで悩んでいる方にもおすすめです。

椿油は、髪の毛だけでなく、顔や体などの皮膚の保護もしてくれます。椿油は、毛穴につまっている汚れやコレステロールを溶かしてくれるので、ニキビで悩んでいる方にもおすすめです。オレイン酸がたっぷりと含まれているため、肌をなめらかなつるつる肌にしてくれます。乾燥をしている部分には特に多めに塗ってマッサージしましょう。

椿油を使うときには、椿油100パーセントのものを選ぶことが大切です。メーカーによってさまざまな椿油が出ているので、自分の肌にあったものを選ぶようにしましょう。

椿油でスキンケア!【フェイスケア編】

椿油でフェイスケアをする方法椿油でフェイスケアをする方法をご紹介しましょう。椿油を化粧水の後に使うことによって、肌にバリアをつくってくれるので、肌の酸化を防ぎ、シミやしわなどを予防する効果が期待できます。椿油をつけた後にマッサージをすることで、肌の新陳代謝を促進できるので試してみてください。

【椿油でフェイスケアしよう】
①メイク落としで化粧を落とした後、洗顔料の泡でやさしく顔を洗います。
②洗顔後すぐに化粧水をつけて、肌の水分を補いましょう。
③手に椿油を2、3滴とって伸ばします。
④シミのできている部分や、乾燥をしている部分にのせていきます。
⑤椿油をのせた後に、手のひらで顔を覆って10秒ほどパックします。
⑥肌に椿油がなじんだら、くるくると円を描くようにマッサージをします。

椿油でスキンケア!【ボディケア編】

椿油は手足のボディケアをするときにも役立ちます椿油は手足のボディケアをするときにも役立ちます。椿油でボディケアをするときは、お風呂で全身をボディソープで泡立てて洗った後に行いましょう。

【椿油でボディケア♪つるつるお肌を手に入れよう!】
①手のひらに椿油を5、6滴たらして両手のひらであたためます。
②椿油がじんわりとあたたかくなったら、腕につけて手首から脇にむかって流していきます。
③左右の手を同じようにマッサージしましょう。
④次に、再度椿油を5,6滴たらしてあたため、足にのせていきます。
⑤足首からふくらはぎ、太ももと全身を椿油でマッサージしましょう。
⑥お尻やお腹など体全体に椿油をぬってしっとりさせます。途中で椿油が足りなくなったら適量を足して使ってください。

PR