97%の人の顔に保有している!顔ダニって何!?顔ダニの症状について
421views

97%の人の顔に保有している!顔ダニって何!?顔ダニの症状について

顔ダニというのをご存知ですか?顔ダニは、97%の人の顔に住み着いていると知ると気持ち悪いですが、この顔ダニというのは、人のお肌にとってかなり素晴らしい役割を担ってくれているのです。ただし、顔ダニも多すぎるとトラブルに。多くなると出てくる顔ダニの症状や対処法についてまとめました。

顔ダニって何!?

顔ダニって何!?

ある機関の調査結果によると、顔ダニは人間の97%が保有している、人間の顔の産毛の毛根などに常在しているダニです。
通称「顔ダニ」と呼ばれていますが、本当の名前は「デモデクス・フォリキュロラム」と言います。

顔ダニの役割とは!?

顔ダニの役割は、顔の毛穴から分泌される皮脂や角質など、肌の汚れ、老廃物を好んで食べます。ですから、くすみやニキビなどの原因になるものを餌として生活しています。肌を常に綺麗にしていたい、と望んでいるのであれば、この顔ダニが顔にいることが重要です。

顔ダニのバランスとは?

顔ダニというのは、良くも悪くも自分自身の肌に影響があります。バランスのとれたちょうど良い顔ダニの数であれば、肌は綺麗な状態を保つことが出来ます。一
方で、顔ダニの量が通常よりも多い場合には、ニキビや皮膚が赤くなったりする炎症が起こる場合があります。そして、顔ダニの量が少なすぎると、自分自身の毛穴に皮脂が溜まってしまうなどの現象がおこるのです。

顔ダニのバランスが崩れたときに出るトラブル

肌のトラブル

肌荒れがある場合には、顔ダニのバランスが異常なために、色々と肌のトラブルが起きることがあります。次は、顔ダニの症状について調べてみましょう。

ニキビなどの肌トラブル

顔ダニの数が多くても、少なくてもニキビなどのトラブルが起こります。顔ダニが多い場合には、皮脂腺に出てくる老廃物などをこぞって食べてくれますが、必要な脂までも大量に食べてしまうので、その分、顔ダニによって肌が乾燥してしまったり、赤ら顔やニキビになってしまったりします。

老化の原因にも!

もともと顔ダニは、人間の毛穴に潜り込んでいたり、皮膚を突き破って住みついています。ただし、顔ダニが多く存在してしまうと、必要以上にこういった住みかを顔ダニが作ってしまいますので、肌に負担がかかってしまいます。それに加えて、活性酸素が発生してしまい、肌の老化を促進させてしまいます。

肌のアレルギーが生じることも!

顔ダニが皮脂などをエサにして私たちの顔の肌に住みついています。顔ダニが多くなると、その分、顔ダニの死骸もふえてしまうことになります。死骸が多くなることで、肌にとって負担がかかり、その上にハウスダストの原因と同じようなしくみで、肌にアレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

顔ダニを増やさせない!減らさない!ために

きちんとした睡眠を

結局は、顔ダニの数のバランスが大切なのです。多すぎるとトラブルになるために、バランスに気をつけましょう。

顔ダニを増やさせない!

化粧をした後は、クレンジングを徹底させましょう。顔ダニは夜に繁殖します。ですから、夜の間に脂ぎった顔になってはいけません。化粧をしたまま、寝てしまうなどは、顔ダニにとっては格好の餌食ですから、気をつけましょう。

また、きちんとした睡眠を心掛けることも必要です。寝不足は、男性ホルモンを上昇させるきっかけになりますので、それで顔の肌に脂がでやすくなり、その分顔ダニが繁殖しやすい環境を作ってしまっているのです。

顔ダニを減らさない!

顔ダニが減ると言う事は、クレンジングのしすぎということがあります。クレンジングのやり過ぎは、乾燥肌を生みますし、さらに顔ダニが減ってしまいます。ですから、一日多くて2回の洗顔で十分なのです。

 

 

 

PR