手軽に自分でピーリング。フルーツ酸で美肌効果!
90views

手軽に自分でピーリング。フルーツ酸で美肌効果!

近頃はフルーツ酸で美肌を手に入れている方も多いとか。ピーリングというと薬品を顔に塗り、肌を剥ぐイメージがあったりしてネガティブな印象を持つ方もいるようですが、自然から発生しているフルーツ酸なら手軽に挑戦できるかも。フルーツ酸のピーリング効果について調べてみました。

肌の悩みを解決するには?

つるつる美肌になりたい!

つるつるの美肌になりたい

お肌の悩みは人それぞれですが、くすみのないつるつるの美肌になりたい、と思っている方も多いのではないでしょうか?

ごわごわした肌は、古い角質が残って蓄積されている状態。本来お肌は28日周期で生まれ変わり、古い角質ははがれ落ちていきます。しかし加齢や何等かの原因でターンオーバーが乱れ、古い角質が蓄積されてしまうのです。

お肌のターンオーバーは、20代で約28日、30代で約40日、40代で約55日、と加齢により長くなってしまいます。また寝不足や疲労でさらに長くなってしまい、角質の層が倍以上に残ってしまうことも。古い角質は水分が少なく、お肌は乾燥しやすくなり、さまざまなトラブルの原因になります。

そんな古い角質のお肌の上からどんなに高い化粧品を塗ってもお肌には浸透せずに、効果がありません。まずはピーリングでしっかり古い角質を落とし、崩れたお肌のアーンオーバーをリセットしませんか?

ピーリングとは?

ピーリングとは、英語ではpeelingと表し「剥ぐこと」という意味ですが、美容で使うピーリングとは、肌を剥ぐわけではなく、イメージとしては角質を溶かして緩める感じでしょうか。

お肌の古い角質や老廃物を取り除き、お肌のターンオーバーを正常化させ、やわらかな肌にします。このピーリングで多く使われてるのが、フルーツ酸です。

ピーリングで多く使われてるのが、フルーツ酸

フルーツ酸で美肌になる

ピーリングに、多く使われているのがフルーツ酸。フルーツ酸とは、アルファヒドロキシ酸の総称でAHAとよく略されて使われています。

その名の通り主にフルーツ含まれる、全て自然に発生する酸です。グリコール酸、乳酸、リンゴ酸、酒石酸、シトラス酸、クエン酸などがあります。それぞれ、玉ねぎ、サワーミルク、リンゴ、ブドウ、かんきつ類などに含まれます。

タンパク質を溶かす作用がありピーリングに使われるのですね。しかし自然のものなので、作用は穏やかです。

ですので、フルーツ酸で美肌を目指すためのピーリングは、角質の浅い層までしか作用が見込めないので、ある程度継続的に行うことによって、ターンオーバーのリセットに役に立ちます。

一般に手に入るものはフルーツ酸の濃度も低いものが多いでしょうか。ピーリングでも肌のより深い部分まで働きかけるものは医療用のもので、施術後は適切な対応が必要ですので自己処理ではなく病院での施術が望ましいですね。

自己処理ではなく病院での施術が望ましいです

ざらつき解消だけではない効果

フルーツ酸でタンパク質を溶かすので、古い角質を取り除くことができ、肌のごわつきが解消されますが、それ以外にも、毛穴に詰まっている汚れがとれて、にきびが治ったり、ターンオーバーが促進されることにより、ニキビ跡の回復が早まったり、肌の黒ずみ・色素が取れてくすみのないお肌になります。

そして何より、余計なものがなくなった肌は、外から与えられる化粧品の成分をぐんぐん浸透させ効果を十二分に発揮させてくれます。

自宅でするには?

では、自宅でフルーツ酸で美肌になるためのピーリングツールには、どのようなものがあるのでしょう。

フルーツ酸が配合されているものには、石鹸、パック、化粧水など多岐にわたりますが、それぞれ使用頻度や容量が決められていますので、守りましょう。

また、季節や体調など自分のお肌の状態の見極めも必要です。まずは、毎日使ってもいいような商品を選び、様子を見てからいろいろ試してみましょう。

大事なことは、肌の古い角質を溶かしてしまうわけですから、やはり乾燥はしやすくなりますので、ピーリング商品を使ったあとはしっかりと保湿することと、肌が薄くなり敏感になるので、朝ではなく、夜の方に行いましょう。

なんといっても睡眠は肌には最重要項目。ピーリングのあとにしっかり睡眠をとって、ターンオーバーを促進させましょう。

PR