お肌を綺麗にしてくれる美肌菌!美肌菌を育てるにはどうすれば良い!?
84views

お肌を綺麗にしてくれる美肌菌!美肌菌を育てるにはどうすれば良い!?

人間の皮膚には様々な菌が存在しています。これを常在菌と呼びますが、その中に「美肌菌」と呼ばれる菌があります。この美肌菌は、名前の通りお肌を美肌にしてくれる菌であり、女性には欠かせない菌です。そこで、この美肌菌を育てるために、自分ができること、気を付けたいことをまとめました。

美肌菌って?

830cefbf19a6a921b09146c2f0817098_s美肌美顔

人間には常在菌が存在しています

「菌」と呼ばれると、どうしてもネガティブなイメージがあると思います。汚らしいもの、出来る限り取り除きたいものだと、多くの方が「菌」に対して悪いイメージを持っているのではないでしょうか?

しかしながら実際には、通常の人間には「常在菌」と呼ばれる様々な種類の菌が存在し、その菌のお陰で怪我をしても重度なものにならなかったり、病気にならなかったりするのです。

ですから「常在菌」というのは、人間にとってとても大事な菌であり、絶対に欠かしてはならないものになります。ただし、時としてこの常在菌のバランスが崩れてしまうと、人間にとってあまり好ましくないこともあります。

美肌菌も常在菌の一つです

通称「美肌菌」と呼ばれていますが、本来の名前は「表皮ブドウ球菌」と呼ばれるものです。この表皮ブドウ球菌は、毛穴から排出される汗や皮脂を食べて分解し、グリセリンに変換してくれる働きがあります。

表皮ブドウ球菌によって生成されたグリセリンは、ご存知の通り保湿効果に優れていて、この生成されたグリセリンは角質細胞へと浸透し、角質細胞の中に含まれている水分が逃げないように膜を張ってくれ、常に潤いのある角質細胞をキープしてくれる役割を担ってくれています。

さらに、表皮ブドウ球菌によって、潤いがキープされている角質層は、膜を張ってくれている状態になっているため、肌を弱酸性の状態のまま維持してくれます。弱酸性で保たれた肌は、水分が保たれた状態で油分が円滑に流れ、外部からのダメージを防ぎ、皮膚の再生をスムーズに行ってくれるため、肌のターンオーバーが無理なく行われるのです。

このように潤いのある肌で、かつ肌の活性化を保ちたいのであれば、表皮ブドウ球菌は欠かせないものになるのが分かりますね。

実際の美肌菌の効果は!?

実際に、この美肌菌が減少した人に美肌菌を増加させると、保湿効果が高まりお肌のターンオーバーがスムーズに行われ、綺麗な肌に戻るという実験結果も報告されているのです。

美肌菌を育てたい!

美肌菌は常在菌ですので、どんな方にも存在している菌です。ですから、自分にある美肌菌を増やすこと、美肌菌を育てることが、美肌への第一歩となります。これには、普段の生活習慣が多く影響しています。まずは、自分の生活と比較してみましょう。

美肌菌を育てる:いつもの洗顔を見直そう

いつもの洗顔を見直そう

菌を流さないためには洗顔はやめた方が良い?!と極論を考えてしまうかもしれませんが、常在菌の中には増えることで肌にダメージを与える菌もあります。

ですから、きちんとした洗顔は必要です。しかしながら、汚れてもいないのに、しっかりクレンジングをするとか、朝も夜も洗顔フォームできちんと洗顔するというやり方では、美肌菌も一緒に洗い落してしまう可能性もあります。朝は時短洗顔をするなどを心掛けることが大切です。

美肌菌を育てる:運動をしよう

運動をしよう

美肌菌は運動とあまり関連がないように感じるかもしれませんが、もともと美肌菌は毛穴から出てくる汗や皮脂を好んで食べます。

つまり、汗をかかなければ、食料がないということになります。また、体温が上昇する事で、美肌菌にとって居心地がよい温度になります。ですから、定期的に運動や汗をかくようにすることが大切です。

美肌菌を育てる:冷え性改善を

冷え性改善を

運動の部分と重なりますが、冷え性を改善する事で、体内の血液のめぐりが良くなりますので、皮脂などの余分なものが体外へと排出されるようになります。これは、美肌菌にとってエサが沢山ある状態。さらに、冷え性を改善することで、乾燥も防げますし、美肌菌が育ちやすい環境になります。

PR