ヒアルロン注射のメリットとデメリットについて!
35views

ヒアルロン注射のメリットとデメリットについて!

ヒアルロン注射のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?美容や健康のためにヒアルロン注射をする人が増えていますが、本当に安全なのでしょうか?ヒアルロン注射に興味がある人は、メリットだけでなくデメリットも理解してから挑戦しましょう。

ヒアルロン注射について

多方面で活躍するヒアルロン注射

ヒアルロン注射といえば、美容のために行うイメージが強いかも知れません。実際に、顔のシワやたるみの改善、バストアップにヒアルロン注射が行われています。しかし、ヒアルロン注射は美容面以外でも行われているのです。

膝などの関節が痛む

高齢になると、膝などの関節が痛むことがよくあります。ヒアルロン注射には、このような関節の痛みを和らげる効果もあります。美容のために行う人が多いことからヒアルロン注射=美容目的と思われがちですが、美容目的以外でヒアルロン注射を受けている人もいます。

ヒアルロン注射のやり方

まずはクリニックでカウンセリング

ヒアルロン注射のやり方は至って簡単です。まずはクリニックでカウンセリングを受け、注射をする部位やヒアルロン酸の量を決めます。その後注射をしますが、顔などの施術であれば5分から10分程度で終了します。痛みが気になる方は部分麻酔を希望することもできます。

たったこれだけで気になる顔のシワやたるみが改善される、膝の痛みが軽減するなんて魅力的に感じてしまいますよね。しかし、ヒアルロン注射にはメリットだけでなくデメリットももちろんあります。ヒアルロン注射のメリットとデメリットとは?

ヒアルロン注射のメリットとデメリット

ヒアルロン注射のメリット

ヒアルロン注射のメリットについて紹介します。メリットとしてまず挙げられるのは、前述したように短時間で簡単に施術ができることです。バストアップのために行われる外科的な豊胸手術と比較すると、ヒアルロン注射は手軽にできますよね。クリニックによっては日帰りでバストアップも可能だそうです。もちろん、注射のみですので傷の大きさにも差が出ます。

ヒアルロン注射を受ける際に多くの人が心配するのが安全性です。体内に直接注入するため、中には抵抗がある人も多いかと思います。しかし、ヒアルロン注射は安全性が高い施術としても人気を集めています。その理由は、ヒアルロン酸は元々体内にある成分なので副作用が表れにくいためです。

シワやたるみのない美しい肌

そして何よりも魅力的なメリットが、その効果です。ヒアルロン注射をすることで肌の水分量が多くなり、シワやたるみのない美しい肌を手に入れることができます。そのうえ、ヒアルロン注射の効果には即効性があります。注射をしてすぐに肌の調子が良くなる、膝の痛みが軽減できるのはとても大きなメリットと言えるでしょう。

ヒアルロン注射のデメリット

簡単で安全性が高く、そのうえ魅力的な効果が得られるヒアルロン注射。しかし、デメリットもあります。ヒアルロン注射の大きなデメリットと言えるのが、持続期間が短いことです。ヒアルロン酸は半年程度で体内に吸収されてしまいます。そのため、ヒアルロン注射の効果を持続させるのであれば定期的にヒアルロン注射を受けなければなりません。ヒアルロン注射は保険適用外ですので施術料金は決して安いとは言えません。定期的に受けるとなると、経済面の負担も大きくなってしまいます。

ヒアルロン注射のデメリットとして、クリニックによって効果に差が出ることも挙げられます。万が一施術が下手なクリニックでヒアルロン注射を受けた場合、肌に異変が表れる可能性があります。また、人によってはヒアルロン注射でアレルギー反応が出ることも考えられます。このようなことを考えて、ヒアルロン注射を受ける際には信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

 

PR