ひまわりオイルでヘアケアしよう!うねる、パサつく、クセに悩む髪に。
24views

ひまわりオイルでヘアケアしよう!うねる、パサつく、クセに悩む髪に。

お肌だけではなく髪にもエイジングの悩みが出てきてしまった。 そういえばこの頃、うねる、パサつく、クセが強くなってきた、そんな女性の髪の変化に、ひまわりオイルでヘアケアしてみてはいかが? これからオイルを美容に取り入れてみたいと思っている、そんなあなたにおすすめの使い方も紹介していきます。

オイルを美容に使っている人が増えています。今回は、ひまわりオイルでヘアケアできることを紹介します。

ヘアケアには椿オイルやオリーブオイルを使っていたけど、ひまわりオイルに変えたという人もいるくらいヘアケアに万能すぎるオイルなのです。

最近では、市販のノンシリコンシャンプーやトリートメントに配合されたりして、エイジングヘアに悩む女性向けの商品としても発売されています。もちろん、ドレッシングやマヨネーズなどの商品にも使われています。

そんなひまわりオイルに注目してみましょう。

 ひまわりオイルでヘアケアしよう!

髪の保護、補修、保湿

期待できる効果としては、枝毛や切れ毛を防いでくれる髪の保護です。

すでに傷んだ髪は、オリーブオイルなど他のオイルよりも豊富に含むビタミンEの力で修復をしてくれます。抗酸化作用が優れている点も注目で、吸収すると保湿力を高めてくれます。

髪の水分を閉じ込めてくれるので、パサついた髪が気になるという人におすすめというわけです。また、頭皮を柔らかくするのに役立つので、抜け毛やハリのなくなってきたエイジングヘアにも使っていくと良いかもしれません。

髪の保護、補修、保湿

ニオイがなく、さらさらの使い心地

椿オイルやオリーブオイルなど独特のニオイのあるオイルと比べて、ニオイがほとんどないので、香りに敏感な女性でも使用しやすいと思われます。

使用感としては、ベタつきもなくオイルの中では軽い使い心地で浸透しやすいので、オイルのベタつきが気になる方におすすめされています。

敏感肌の人など対象を選ばず使用できるのがひまわりオイルの良い所です。

ひまわりオイルにはリノール酸が主成分のものと、オレイン酸が主成分のものの二種類あり、オレイン酸が主成分のものは品種改良されたひまわりの種子からとった油で「ハイオレイック」と呼ばれ、口にする場合はより体に良いと言われています。

 ニオイがなく、さらさらの使い心地

酸化につよい特徴

ひまわりオイルには若返りビタミンや老化防止ビタミンと言われるビタミンEが豊富。これには酸化防止効果があるので、酸化しにくい良質の油と言えます。

精製方法はいろいろありますが、昔ながらのシンプルな圧搾法は原料に圧力をかけて搾るやり方です。薬品による抽出や食品添加物が添加されているものもあるのでコストと成分に納得のいくオイルを選ぶのが大切です。

使い方は簡単で、そのまま少量を髪に馴染ませます。頭皮をマッサージするためにも使えますが、どちらの場合も使用量に気をつけて、べたっと一度につけるのは避けましょう。少しずつ薄く伸ばして馴染ませましょう。

酸化につよい特徴

ヘアケア方法いろいろ

その他にも、パックにも使えます。少し多めにオイルをとり、髪と頭皮によく馴染ませたら蒸しタオルでつつみます。お風呂にゆっくりつかるなどしばらく時間をおいてから、いつも通りシャンプー等で洗い流します。

オイルが頭皮に残っているとベタつきの原因になりますので注意して。寝ぐせ直しやまとめるのがうまくいかないときに、ちょっとしたスタイリング剤がわりに少し使ってみてもいいでしょう。

においもほとんどないのでどんなシーンでも抵抗が少なくつかえると思います。べたっとオイルをとって塗らないということを注意すれば、あとは失敗することもないでしょう。

こまめにお手入れすれば髪は応えてくれる

オイルを美容にも活用していく流れはどんどん広まっていっているように思います。

せっかくオイルを買ってはみたものの、使い切らずにそこに放っておかれている…なんてことにはしたくありませんよね。髪や肌はちゃんとお手入れをしてあげれば、それだけきっと結果を返してくれます!

こまめにお手入れすれば髪は応えてくれる

PR