アルガンオイルでヘアケア 頭皮の血行促進でハリやコシのある艶髪に
38views

アルガンオイルでヘアケア 頭皮の血行促進でハリやコシのある艶髪に

モロッコの南西部に生育しているアルガンの樹。この樹木の実から採ることができるのがアルガンオイルです。アルガンオイルでヘアケアをすると、髪のハリやコシが蘇ったり、頭皮の血行が良くなったりします。アルガンオイルでヘアケアをする方法やアルガンオイルの髪への効果などについてご紹介しましょう。

アルガンオイルでツヤとハリのある髪を手に入れよう

アルガンオイルでツヤとハリのある髪を手に入れよう

毎日きちんとヘアケアをしていますか?毎日の積み重ねが、美髪をつくる秘訣です。今回は、モロッコでとれるアルガンオイルのヘアケアをご紹介しましょう。

アルガンオイルに含まれる髪に良い成分とは?

アルガンオイルに含まれる髪に良い成分とは?

アルガンオイルに含まれている、ビタミンEとオレイン酸の2つの成分、これが髪を美しくしてくれます。それぞれの成分の効果をみていきましょう。

【ビタミンE】

ビタミンEには、抗酸化作用があります。アルガンオイルには、α(アルファ)トコフェノール、β(ベータトコフェノール)、γ(ガンマ)トコフェノール、δ(デルタ)トコフェノールの4つの構造すべてを持ち、抗酸化作用の高いオイルです。とくに、γ(ガンマ)トコフェノールは、美肌成分として注目されている成分で、頭皮を美しく保つ効果が期待できます。

【オレイン酸】

オレイン酸は、血行を促進する働きがあります。血流がよくなると、髪の毛に栄養が届きやすくなるため、潤いのある髪を取り戻すことができるでしょう。ツヤやハリのある髪づくりには最適の成分です。また、髪がパサついていたり、枝毛で悩まされている方は、それらのダメージヘアを改善することもできるでしょう。

アルガンオイルでヘアケアの仕方

アルガンオイルでヘアケアの仕方

アルガンオイルでヘアケアをする方法を2つご紹介しましょう。

【頭皮ケアマッサージ】

頭皮のマッサージをして、頭皮の血行促進をすることで健康な髪の毛が生えてきます。アルガンオイルを使った頭皮ケアマッサージをご紹介します。

①マッサージをするときは、頭皮がやわらかくなっているシャンプー後の髪がベストです。
②アルガンオイルを頭皮に垂らしてマッサージをしていきます。
③指の腹でやさしくもみほぐすようにマッサージをしましょう。

頭皮マッサージを継続すると、頭皮がやわらかくなってきます。やわらかい頭皮は、健康な頭皮の証です。マッサージをして血行が良くなることで、髪の毛1本1本に栄養が行きわたり、キレ毛や抜け毛などのヘアトラブルを防止することができます。

【美髪のためのヘアケア】

髪がパサついていたり、枝毛が気になる方は、髪の毛全体にアルガンオイルをなじませてヘアケアをしましょう。

①シャンプー後に軽くタオルで乾かし、半乾きの状態でアルガンオイルを使います。
②アルガンオイルを手で少し温めて、毛先から頭皮へとのばしていきましょう。
③髪全体にアルガンオイルが浸透したら、軽くドライヤーで乾かします。

アルガンオイルでヘアケアの注意点

アルガンオイルでヘアケアの注意点

アルガンオイルを使ってヘアケアをする時の、注意点についてご紹介しましょう。

【ドライな髪には使わない】

アルガンオイルを使うときには、お風呂上りのシャンプーしたての髪や、水で少し湿った状態の髪の毛に使うことが大切です。軽く湿った状態の髪に使うことによって、オイルを髪全体に浸透させることができます。アルガンオイルを髪が乾いた状態で使ってしまうと、髪の一部分にオイルが偏ってしまい、全体にいきわたりません。

アルガンオイルを使うベストなタイミングは、シャンプー後のタオルドライをした後です。タオルドライ後にアルガンオイルを髪全体になじませていきましょう。

PR