モロッコで「液体の黄金」と呼ばれているアルガンオイルの効果が凄い
39views

モロッコで「液体の黄金」と呼ばれているアルガンオイルの効果が凄い

オイル美容ブームの中、特に注目を浴びているのがアルガンオイルです。アルガンオイルは美人の国モロッコで「液体の黄金」と呼ばれ古来から現地で高い美容効果が珍重されてきました。そんなアルガンオイルの効果についてまとめました。

モロッコの黄金、アルガンオイルって?

モロッコの黄金、アルガンオイルって?

ホホバオイル、カメリアオイルなどそれぞれ効果の異なるキャリアオイルが話題になっています。最近英語圏や東アジアの美容業界やセレブリティの間で注目を浴びているアルガンオイルです。

ちょっとマイナーですが、モロッコでは「液体の黄金」と呼ばれ、高い健康効果と美容効果で古来から珍重されていました。

アルガンオイルとは

モロッコに自生するアルガンという木の実から抽出したオイルがアルガンオイルです。1年に1回自然に落ちた実から油を絞るのが伝統的な作り方です。アルガンオイルはアルガンの実100kgを集めて僅か1リットルしか作れない大変貴重なものです。

現地のアマジグ人の間で古くから食用に、スキンケア用にと利用されています。

モロッコでは小麦粉でできたクスクスという料理を安息日や冠婚葬祭など特別な日に食べます。アルガンオイルはこのクスクスの材料の一つとして使われています。

アマジグに伝えられるアルガンオイルの効果

アマジグに伝えられるアルガンオイルの効果

貴重なアルガンオイルはアマジグでは火傷を治す薬や日焼けのケアとして利用してきました。

このアルガンオイルの効果が今では英語圏や日本、韓国などの美容業界から注目され、世界中で取引されるようになってきたのです。

アルガンオイルの効果

優れた保湿効果

アルガンオイルには必須脂肪酸であるリノール酸がたっぷり含まれています。リノール酸は肌の水分の蒸発を防ぎ、高い保湿効果があります。

消炎効果

アマジグの間でずっと火傷や日焼けの治療薬として使われてきたアルガンオイルですが、それには科学的な根拠があることがわかってきました。アルガンオイルのリノール酸には消炎効果があります。保湿しながら消炎するので肌のダメージ回復に大きく役立ちます。

アンチエイジング

アンチエイジング

アルガンオイルにはオリーブオイルの4倍もの天然ビタミンEが含まれています。ビタミンEには抗酸化作用があり、アンチエイジングや肌の血行促進に役立ちます。

また、先ほどあげたリノール酸の高い美容効果にも関わります。リノール酸は美容効果が高いのですが、酸化しやすいオイルです。アルガンオイルの場合多量のビタミンEが含まれているため、酸化の心配なくリノール酸の美容効果を享受することができるのです。

血行促進効果

サポニンもアルガンオイルの特徴的な成分です。サポニンとは高麗ニンジンに多く含まれており、健康や美容に良いとして中国や韓国の美容業界では定番の成分です。

サポニンは食べれば免疫亢進やダイエットに、肌に塗れば血行促進、保湿、アンチエイジングに良いといわれています。

美白効果・美髪・美爪

アルガンオイルはアマジグの間でも日焼けの薬として使われてきました。アルガンオイルはカロテンも多く含んでいます。カロテンは抗酸化物質で特にシミやそばかすなどのメラニンの沈着を防ぐ効果に優れています。また、肌だけではなく健やかな髪や爪の生育にも欠かせないビタミンです。

アルガンオイルの使い方

アルガンオイルの使い方

まさに「液体の黄金」、アルガンオイルの効果は高いだけではなく、さらっとして癖がなく、大変使いやすいオイルでもあります。

食べても健康効果や美容効果が期待できますし、使用感のよさからスキンケア、ヘアケア、ネイルケアオイルとしても使いやすいです。重くなくすぐになじむので、オイル美容が苦手な方でもすぐに慣れてしまいます。

PR