無関心な場所ほど危ない!頭皮の日焼けに注意しよう!
19views

無関心な場所ほど危ない!頭皮の日焼けに注意しよう!

頭皮の日焼けについて無関心な方も多いことでしょう。紫外線が多くなる夏場は頭皮は紫外線からのダメージを受けやすい場所でもあります。特に夏は皮脂の分泌が多くなるため、皮脂がオイルを塗った状態になってしまうため、炎症や赤味、痒みが発生しがちです。薄毛の方は紫外線がより頭皮に届きやすくなります。

頭皮の日焼けについて無関心すぎませんか

顔は万全に日焼け対策はされますが

顔は万全に日焼け対策はされますが

紫外線の強い季節、顔に関しては、日焼け止めを塗ったり、UV効果のあるファンデーションを塗ったっりと万全の日焼け対策をされる方も多いのではないでしょうか。

しかしその反面、頭皮の日焼け対策に関しては、ほとんどの方が無関心です。

頭皮が日焼けするとこんなに悪影響が!

頭皮が日焼けするとこんなに悪影響が!

頭皮が日焼けをしてしまうと、さまざまな悪影響があります。

頭皮が乾燥して皮がむけてしまったり、赤くなり炎症を起こしてしまいます。

コラーゲンやエラスチン線維が破壊されてしまうため、弾力も失われます。

夏の時期、頭皮の日焼け対策を全くしないと、薄毛や抜け毛の原因となったり、頭皮が痒くなってしまうなどの頭皮トラブルも発生しやすくなります。

ヘアカラーや白髪が多い方はさらに紫外線の影響が!

ヘアカラーや白髪が多い方はさらに紫外線の影響が!

ヘアカラーをされている方や白髪が多い方は、長時間紫外線が当たる場所で過ごしていると、髪だけではなく、頭皮も紫外線が届きやすくなります。

黒髪の方の場合だと、髪の内部にメラニンが多く含まれているため、紫外線に対する防御力が増します。

しかしカラーリングや白髪の場合、髪の色素が薄いため、紫外線が通過しやすくなり、紫外線の影響が髪だけでなく頭皮にも及びやすくなってしまうのです。

頭皮の皮脂もさらに紫外線の影響を増幅させます

夏は誰でも汗をかきます。

頭皮も身体と同じようにたくさんの汗をかくため、毛穴から皮脂が大量に分泌されている状態で、脂の膜が出来ている状態です。皮脂と汗が混じり合うと、頭皮は酸化された脂で覆われている状態になります。この状態で強い紫外線を浴びると、頭皮は焼けやすくなります。

また酸化した皮脂によって炎症がおこりやすくなり、赤味や痒みが出る場合もあります。皮膚が弱い方の場合だと、皮がめくれてしまい傷みを感じる場合もあります。

夏のレジャーは頭皮に紫外線を浴びやすくなるため、帽子や日傘で必ず防御しましょう。

また海水浴やプールに入った場合、長時間外で過ごすと、海水と皮脂がついた頭皮が紫外線に当たることで、さらに悪影響が出てきます。海やプールに入った後は、必ずシャンプーで髪を洗いましょう。日焼けが酷い場合は、冷たいシャワーを頭皮に当てて冷やすとよいでしょう。

頭皮の日焼けを防止するには

頭髪専用の日焼け止めがあります

頭髪専用の日焼け止めが市販化されています。

クリーム状になったものや、スプレーなどがあります。汗で流れやすいので、外出するときは、二時間おきにつけるとよいでしょう。

髪の分け目や頭頂部は日焼けしやすい場所なので、この部分は忘れずにつけておくとよいでしょう。

汗をかいたらタオルで拭きましょう

汗をかいたらタオルで拭きましょう
顔の汗はタオルやハンカチで拭きますが、頭にかいた汗はなかなか人前ではタオルで拭くのは拭きにくいこともあるかもしれません。

しかし頭皮の汗は、なるべくタオルでしっかり拭いておきましょう。

汗で濡れた頭皮は紫外線の影響を受けやすく、また濡れた状態で放置しておくと雑菌が繁殖しやすくなるからです。

帽子は室内では脱いで頭皮に風を当てよう

日除け対策で帽子を被ることはよいことなのですが、被りっぱなしだと、頭が蒸れる原因となるため、注意しましょう。汗で髪が濡れ、そのまま放置しておくと、頭皮にも髪にも悪影響があります。

出来ればドライヤーで乾かした方がよいのですが、出来ない場合は、自然の風で髪や頭皮をなるべく乾かせるようにしましょう。

室内では帽子を脱いで、頭皮や髪の湿気を出来るだけ取り除くことも大切です。

PR