湿気で髪が広がる原因は?髪が広がらないようにするためのヘアケア法
240views

湿気で髪が広がる原因は?髪が広がらないようにするためのヘアケア法

梅雨の時期や雨が多く降る頃は、湿気で髪が広がってしまうという方いらっしゃいませんか?湿気で髪が広がってしまうと、ヘアセットがうまく決まらず、1日が憂鬱になってしまいますよね。湿気で髪が広がる原因と対処法についてご紹介しましょう。

髪を上手にセットしたい!湿気で広がる髪を抑える方法

湿気で髪が広がる原因は何かご存知ですか?髪のうねりや広がりが気になる方は、くせ毛の方が多いのかもしれません。湿気で髪が広がる原因と対処法についてご紹介しましょう。

湿気で髪が広がる原因とは?

髪の水分量が原因

湿気で髪が広がる原因の1つに、髪の水分量があります。健康な髪の毛の水分量は、およそ11~13%です。このくらいの水分量があれば、湿気で髪が広がることはないのかといえば、そうではありません。それは、髪の水分量の均等さが関係しているからです。

髪の水分量が11~13%で、髪全体に均等に保たれていれば、湿気でも髪が広がりにくいですが、水分量が均一でなければダメです。髪に均一に水分が入っていない場合、乾いた所にうねりが出てしまい、その結果広がってしまうことになります。

さらに、頻繁なカラーリングやパーマなどで髪の毛が傷んでしまっている場合は、髪の毛の表面のキューティクルが剥がれ落ちてしまっており、湿気の水分を含んで広がってしまいます。キューティクルは、ヘアドライアーの熱や紫外線などで傷んでしまいます。

湿気で髪が広がる時の対処法

洗髪後のドライヤーをどのようにあてるかがポイント

湿気で髪が広がる原因は、髪の水分量と均一性ということが分かりましたね。湿気で髪が広がらないようにするためのヘアケア方法をご紹介しましょう。

【ドライヤーの使い方】

湿気で髪が広がらないようにするためには、洗髪後のドライヤーをどのようにあてるかがポイントとなります。

髪の毛を乾かす時は、タオルでしっかりと水分をふきとった後に、半乾きの状態でドライヤーをかけていきましょう。ドライヤーをかける方向ですが、根元から毛先に向かって、下すようにして風を当てていくことが大切です。

乾かす時は、少し根元の部分を抑えるようにしてゆっくりと毛先に向かって風を当てます。また、髪が乾いてきたなと感じたら、温風から冷風にして髪にダメージを与えないことが大切です。

【乾いた髪には保湿を】

ドライヤーで髪の毛を乾かした後には、髪の毛の水分量を一定に保つために、ヘアオイルを髪全体になじませましょう。全体的にパサパサして乾燥をしている髪は水分が足りていません。最初のうちは、ヘアオイルをつけた後にタオルパックをして、髪全体の保水力を高めると良いです。

湿気で髪が広がった後の対処法

外出先で髪の毛が広がってしまった時の対処法をご紹介

洗髪後のドライヤーや保湿を行っても、雨が降った時に髪が広がってしまうことがあります。外出先で髪の毛が広がってしまった時の対処法をご紹介します。

【椿油】

椿油を軽く塗ることで、髪の毛の広がりを抑えてくれます。あまり多く塗ってしまうとべたついてしまうため、少しを手にとって馴染ませてから髪の毛に塗りましょう。髪の広がりを抑えようと、水をつけるのはNGです。一時的には広がりが抑えられたかのように見えますが、水分が蒸発した時にさらに広がってしまいます。

【ブラッシング】

髪の毛をブラッシングすることで、水分を髪全体に行き渡らせることができるため、広がりを抑えることができます。ブラッシングに使う櫛は、なるべく目のあらいものを使って、やさしく梳かしていきましょう。

【紫外線対策用のスタイリング剤】

雨が降っている時も、紫外線は出ています。紫外線をカットできるスタイリング剤をつけることによって、広がりを抑えることができます。

PR