健康的な頭皮を取り戻して衰え知らずの美髪になる塩シャンプーの効果
179views

健康的な頭皮を取り戻して衰え知らずの美髪になる塩シャンプーの効果

ロハスな自然系塩シャンプーの効果がもたらす頭皮、髪への影響とは一体どのようなものなのでしょうか。 本来皮膚を守るために必要なはずの常在菌までデトックスしていた頭皮に、湯シャンだけでは足りなかった塩を足すだけで、髪に健康を取り戻す効果についてまとめました。

シャンプーが奪っていた皮膚に必要な菌の存在とは

シャンプーが洗い流しているもの

シャンプーが洗い流しているものお風呂に入って毎日のように髪を洗っていると、なんとなく「シャンプーが髪に悪いのでは?」と感じたことがある人もいるのではないでしょうか。
市販されているシャンプーのほとんどはケミカルなもので、自然派由来であるノンケミカルのものは少なく、また値段も高いものが多いですよね。
実はシャンプーに含まれている洗浄成分によって、本来なら肌トラブルの原因である悪い菌から体を守る役目を果たすはずの、良い菌さえも一緒に洗い流しているのです。

頭皮を守っている常在菌の存在

そもそも人の体は、大腸菌や乳酸菌、ビフィズス菌など様々な菌と共生しており、皮膚表面にも表皮ブドウ球菌やマラセチア真菌などの見えない菌が住み着いています。
特に「表皮ブドウ球菌」は、皮脂成分である脂肪酸が皮膚を弱酸性に保つ大事な役割を果たしています。
実はニキビの原因とされているアクネ菌も常在菌の一種で、表皮ブドウ球菌と一緒に皮膚を弱酸性に保つ役割をしており、美しい皮膚を維持するためには必要な菌の一つなのです。

頭皮トラブルの原因は皮脂

アクネ菌も本来は人にとって必要な常在菌ですが、皮脂が多いところで増える傾向があります。
逆に、皮脂が不足しているとアクネ菌が皮脂を過剰に分泌してニキビができてしまします。
頭に繰り返しニキビができてしまう人は、毛穴に過剰な皮脂が詰まっているか、洗髪のし過ぎで頭皮が乾燥している可能性があります。
また、マラセチア真菌も皮脂や汗を好む傾向があります。
シャンプーが肌に合っていない場合や、髪の洗い過ぎ、逆にすすぎ不足の時も湿疹の原因に繋がり、肌荒れで皮膚が剥がれ落ちたものをフケと勘違いしてしまうこともあります。
毛穴に詰まった皮脂はそのままにしておくと酸化して「加齢臭」というニオイの原因にも繋がっていきます。

加齢臭と頭皮トラブルには塩シャンプーが効果的

皮脂を洗い落とす塩シャンプーの効果

皮脂を洗い落とす塩シャンプーの効果塩シャンプーは、湯シャンだけでは落としきれなかったニキビやフケ、加齢臭などのニオイの原因や頭皮トラブルの元である“余分な皮脂”を溶かしだしてくれる効果があります。
塩やお湯などのナチュラルなケア方法なら常在菌を洗い流してしまう心配もありませんし、シャンプーのし過ぎで頭皮に必要な油分も落としてしまうことで皮脂が過剰分泌するなどの悪循環に陥ることもありません。

ハリと艶が戻り若々しい髪に

頭皮をケアしているだけでハリと艶が戻るなんて信じられないかもしれません。
余分な皮脂が詰まった状態のままだと、髪も細く抜けやすくなり、きちんと栄養が行き届きません。
若いのに白髪が多い、フケやニオイが気になっていた人でも、塩シャンプーの効果で頭皮が清潔で正常な状態であれば、新陳代謝もスムーズになり、栄養がきちんと根元まで行き届きます。
頭皮の真下にある毛根まで栄養が行きわたることで髪にもハリやツヤが戻り、若々しく蘇ります。

髪への効果は時間をかけて

髪への効果は時間をかけて塩シャンプーは今夜からでも実行することができます。
頭皮トラブルを抱えていた人なら、すっきりするような感覚もあるかもしれません。
ただ、皮脂のバランスを整えたらすぐに効果が出る物ではなく、実際に塩シャンプーの効果が出るのは1~2ヶ月が経った頃でしょう。
常在菌が増えて頭皮が安定した状態に戻るまでは少なからず時間はかかりますが、慣れてしまえば今まで使っていたシャンプーには戻れなくなってしまいます。

PR