頭皮ダメージを減らすと薄毛が改善される?頭皮ダメージの原因と改善策
158views

頭皮ダメージを減らすと薄毛が改善される?頭皮ダメージの原因と改善策

頭皮ダメージを減らすと気になる薄毛を改善されることが期待できます。頭皮ダメージとは紫外線や生活習慣などさまざまですが、知らないうちに頭皮ダメージを与えているかもしれません。ここではそれらが頭皮に与える影響と改善する方法について解説します。

気になる薄毛は頭皮ダメージから

気になる薄毛は頭皮ダメージから薄毛が気になり始めたら生活習慣を振り返ってみましょう。特別な理由があって急に薄毛になることは少なく、これまでの生活習慣が関わっている場合が多いためです。たいていの場合はいくつかの原因が重なり合って薄毛を引き起こしています。

頭皮ダメージを減らすにはまず原因を知ること

自分自身を取り巻く環境の中で、薄毛の原因になる頭皮ダメージを与えていると思い当たる原因を見つけていくと改善のきっかけがわかりやすくなります。

紫外線

あらゆる頭皮ダメージがありますがその中でも最も強いと言えるのが紫外線。特に夏場は強くなるため外出時には注意が必要です。
夏のレジャーと言えば海水浴ですが、日差しにあたり続ける可能性があり頭皮にとってはツライ状況に。しかも海水がかかると乾燥しやすくなり薄毛を悪化させる原因にもなります。

ヘアカラーや白髪染め

ヘアカラーや白髪染めヘアカラーや白髪染めは肌に優しい成分を使用しているとうたわれていても、かぶれたりはれたりする人はいます。しかもヘアカラーと白髪染めの仕組みは髪のキューティクルを開かせて色を付けるというもので、髪には大きな負担に。その点からしても頭皮へのダメージは避けられず、回数を重ねれば薄毛になる可能性も上がるでしょう。

頭皮の血行不良

血行不良の原因は食生活にあります。現代人の脂っこい食事や偏った食事が全身の血液循環を悪くしており、頭皮の血管にも同じことがいえるためです。血行が悪いと必要な栄養素が体のすみずみまでいきわたりにくくなり、髪を生やし育てる頭皮にも栄養がきちんと回らずにいるため髪が薄くなってしまいます。

ストレス

強いストレスを常に抱えていると体に影響が出始める場合があります。その一つとして薄毛があり、ストレスによって血行が悪くなったり睡眠不足になったりして体調不良を招くために頭皮ダメージとなり発生してしまうのです。

頭皮ダメージを減らす方法

外出時は帽子をかぶる

外出時は帽子をかぶる紫外線から頭皮を守るにはまず帽子をかぶります。真夏の暑い時期だけではなく、春や秋、曇りの日にも紫外線は降り注いでいるため、外出時は雨の日以外はかぶるようにした方が安心です。
帽子は普段のファッションに合わせて2、3種類用意しておくと外出が楽しくなります。おしゃれの一部ととらえてかぶってみましょう。帽子に抵抗がある場合は日傘でもかまいません。

日焼け止めをつける

日焼け止めといえば顔や体にぬるものと思われていますが、最近では頭皮につける日焼け止めも登場しています。長時間外にいる時や帽子や日傘に重ねての対策として行ってみても。
ただし、日焼け止めが頭皮に残らないようきちんと洗い流す必要があります。

髪を染めるなら自然なものを

髪を染めるなら自然なものを髪に何もつけない方が頭皮ダメージの軽減には役立ちますが、どうしても白髪を隠したい時には自然な成分のものを使いましょう。色が染まりにくい、変わったにおいがするなどのデメリットはありますが、頭皮のことを一番に考えるのであれば安心して使える毛染めを。

生活の改善

頭皮を作っているのは体で毎日の生活習慣が大きな影響を与えています。そのため今の生活を振り返り、食事や睡眠がきちんととれているかやストレスがたまっていないかなどをチェックしましょう。
血行をよくするためには適度な運動をして血流を促しす必要もあります。

PR