グリーンネイルはネイリストもショック!・・・グリーンネイルの処置方法とは?
18,745views

グリーンネイルはネイリストもショック!・・・グリーンネイルの処置方法とは?

ネイリストでもショックを受けるであろうグリーンネイルは、罹患したら深刻です。一見可愛い名前ですが、病気の名称ですので治さなければなりません。グリーンネイルの処置方法について説明しますので参考にしてください。

ネイリストも驚愕?!グリーンネイルって?

グリーンネイルは爪が変色する病気

girl-524141_640
グリーンネイルって聞いたことありますか?
プロのネイリストであればご存知かもしれませんが、一見かわいい名前に見えて、実は爪の病気です。

爪の一部が黒や緑っぽく変色してしまう病気で、グリーンネイルになるとネイルが出来なくなってしまいます。

グリーンネイルの処置はそれほど難しくはありませんが、プロのネイリストにとっては死活問題かもしれません。

グリーンネイルになる原因とは?

グリーンネイルの原因は爪にはえるカビです。
カビってそんなところに付くの?と思うかもしれませんが、抵抗力が弱っているとカビが生えることがあります。

◇セルフでネイルした時

09d7c7a27502f84b26986f7fae338221_s

自分でネイルをする人は、つけ爪を繰り返し使ったり、人工爪の浮き上がりをそのままにしていたりしていたりしませんか?
このような時グリーンネイルになる可能性があります。

◇サロンで感染することもある

f6737307dd234f243418fa7da99d0aa8_s

不衛生なサロンで施術してもらった時、感染する可能性もあります。
爪カビは感染しますので、サロンのネイリストが緑菌症になっていればうつることもあります。

◇水仕事で感染することもある

ジェルネイルをしていて水仕事をした場合、ジェルと爪の間に水が溜まることがあるので、そこが湿って菌が増えてグリーンネイルになることがあります。

グリーンネイルが悪化すると爪カンジダ症になることも

グリーンネイルが深刻化すると爪カンジダ症になります。爪カンジダ症は爪甲が混濁、変色、変形するなどかなり化膿し、爪の周りにまで炎症を及ぼすことがります。

また手の爪なので、他の部分にも感染することがあり、最悪大腸菌なども繁殖してしまうおそれがあります。
放っておくと怖い疾患です。

グリーンネイルの処置方法とは?

乾燥させて抗真菌薬の塗り薬を使う

グリーンネイルになったら、疾患部分を治すことと、乾燥させることが第一です。
それから、抗真菌薬の塗り薬を使うことが多いので、必ず病院へ行きましょう。

抗真菌薬の飲み薬を飲む

軟膏で治らない時やひどい状態の時には、採血をして検査チェックをし、抗真菌薬の飲み薬を飲むこともあります。
自己判断で飲んだりするのは危険なので、やはり皮膚科で診てもらい処方してもらいましょう。

予防のためにためには爪に休息を

woman-506120_640
ジェルネイルなどをしていると、グリーンネイルになってしまうことは仕方ありませんが、一度罹患すると、完治するまでに早くて14日間程度、深刻な場合では半年くらいかかります。

結局、爪が生え変わるまで待たなければなりませんので、治るまでにはかなり長い時間かかります。
それがグリーンネイルのやっかいなところです。

予防としては、甘皮を取りすぎないという方法があります。
甘皮は爪の健康維持のためについているものですので、これを取ってしまうと菌が入り込みやすくなり、グリーンネイルなどに罹患しやすくなってしまいます。

また、爪のいじり過ぎも爪を傷める原因になります。全くネイルをしないという期間も作った方が、爪の健康には良いでしょう。

 

PR