キューティクルオイルで爪ケア 乾燥対策にキューティクルオイル
56views

キューティクルオイルで爪ケア 乾燥対策にキューティクルオイル

ネイルが好きで爪先のおしゃれを楽しんでいる方、爪のケアはしっかりとできているでしょうか?爪ケアをきちんとしておくと、ネイルをきれいに塗ることができますよ。キューティクルオイルの種類や、キューティクルオイルで爪ケアをする方法などをご紹介しましょう。

ネイルが長持ち!キューティクルオイルで爪ケア

ネイルの持ちを良くしたいのであれば、爪ケアをしっかりとすることが大切です。キューティクルオイルで爪ケアをする方法をご紹介しましょう。

キューティクルオイルってどんなもの?

キューティクルオイルは、爪ケアをした後に塗る乾燥対策のためのオイルです

キューティクルオイルは、爪ケアをした後に塗る乾燥対策のためのオイルです。爪のお手入れをすると、爪から油分が失われますが、キューティクルオイルを塗ることによって、その油分を補うことができます。

キューティクルオイルの中には、アロマの香りが楽しめるものもあります。キューティクルオイルを塗ることで、リラックスできるでしょう。キューティクルオイルを塗るときは、自分の好みの香りのものを選ぶと良いですね。また、ハンドクリームと比較して、皮膚への浸透力が高く、爪の育成を促進してくれます。

キューティクルオイルにはいろいろな種類があるのでご紹介しましょう。

【ボトルタイプ】

キューティクルオイルはボトルタイプが一般的です。ボトルタイプのキューティクルオイルは、容量も多く、しっかりと使うことができるでしょう。

【ペンタイプ】

ペンタイプのキューティクルオイルは、コンパクトなのでカバンに入れて携帯をするのに便利です。ペンタイプなので、どこでもさっと塗ることができます。外出時に使うのであれば、ペンタイプがおすすめです。

【ロールオンタイプ】

キューティクルオイルには、ロールオンタイプのものもあります。ロールオンタイプは、ネイルを塗った後の爪ケアをするときに便利です。

キューティクルオイルで爪ケアをする方法

キューティクルオイルを使って爪ケアをする方法についてご紹介します。

キューティクルオイルは、ネイルをした後にネイルを長く持たせるために使う方法と、ネイルオフした後に使う方法があります。2つのやり方をみてみましょう。

キューティクルオイルで爪ケア【ネイル前】

キューティクルオイルを塗った後のマッサージが大事

ネイル前にキューティクルオイルで爪ケアをする場合は、キューティクルオイルを塗った後に、指先の血行を良くするために、マッサージをすることが大切です。

【指先マッサージのやり方】

①キューティクルオイルを爪の生え際に1滴おとし、親指と人差し指でぐっと押して浸透させます。

②爪の両脇にもキューティクルオイルを塗り、爪全体に伸ばしていきましょう。

③その後、指全体のマッサージを行います。

④指を1本1本ひっぱって、ゆっくりと伸ばしていきます。

⑤次に、指の付け根の部分からねじるようにして、1本ずつまわしてマッサージを行いましょう。

⑥爪のキューティクルラインを抑えて、爪の根元から爪先に向けてマッサージをします。

⑦親指と人差し指の根元の部分をぐっと力を入れて押していきます。

⑧手のひらのふくらんだ部分をもんで、親指の指先へマッサージをしていきます。

⑨最後に、指先1本1本を引っ張って終了です。

キューティクルオイルで爪ケア【ネイル後】

691579ab58f88e5a48a61d03938bd323_s

キューティクルオイルは、ネイルをした後に塗ることで、ネイルを長持ちさせることができます。秋や冬などの乾燥をする季節は、キューティクルオイルを持ち歩いて、手を洗ったり乾燥が気になったときなどに、頻繁に塗るようにしましょう。

ネイル後にキューティクルオイルを塗る場合は、爪の根本に1滴オイルを垂らして、親指と人差し指でじんわりと押していき、爪先まで浸透させるようにして使います。

PR