手の血管が浮き出るのを防ぐためのハンドケア。
99views

手の血管が浮き出るのを防ぐためのハンドケア。

手の血管が浮き出ると、見る人に老けた印象を与えてしまいます。それもそのはず、手の血管が浮き出る一番の原因は加齢なのです。女性であれば誰でも、若々しくてハリのある艶やかな手をキープしておきたいものですね。手の血管が浮き出るのを防ぐためのハンドケアについて、紹介します。

手の血管が浮き出る原因の一番は加齢。

手を老けた印象に変えてしまう原因の一つが、手の甲に浮き出た血管です

血管が弾力性を失う。

何気ない仕草から、ふと目に入った手が、手入れの行き届いた艶やかな手であったなら、その人に対する印象はとてもよくなるものです。逆に、どんなにキレイにメイクして若々しくおしゃれな服装であったとしても、その人の手の甲が血管の浮き出た、カサカサした手であったなら、なんだかとても残念な気持ちになってしまうものですね。

手は、顔と同じように、時によってはそれ以上に人目にさらされているもので、また、自分でも一日の間に何度となく自分の手を見る機会がありますから、周りの人から好感をもたれるためにも、また、自分で自分の手を見てガッカリしないためにも、普段からお手入れを怠らないようにして、潤いとハリのあるキレイな手でいたいものです。

手を老けた印象に変えてしまう原因の一つが、手の甲に浮き出た血管です。手の甲にくっきりと浮き出た血管には、若さや潤いは感じられません。手の血管が浮き出てくる原因は、加齢によるところが大きく、血管が年齢とともに分厚くなり、弾力を失うために血流が悪くなることも、その原因の一つです。

皮膚の老化も、手の血管が浮き出る原因。

手の皮膚の老化も、その一因

手の血管が浮き出る原因は、血管だけにあるのではなく、手の皮膚の老化も、その一因となっています。

年齢を重ねていくとともに、肌にハリと弾力を与えるコラーゲンが減少していき、また新陳代謝も衰えていくことから、新しい肌の細胞を作る力が弱くなり、そのために皮膚が薄くなって、手の血管が浮き出てしまうのです。

また、それまで浴びてきた紫外線によるダメージの積み重ねから、皮膚が老化してしまうことも、その手の血管が浮き出る原因となります。

若々しい手を取り戻すためのハンドケア。

血液の流れを促そう。

ローションやクリームを塗るのは、指先から肘に向かって、マッサージをするように

手の血管が浮き出るのを防ぐためには、血流が停滞しないようにすることが大切です。

手の甲に浮き出る血管は静脈ですから、その静脈を流れている血液を、心臓に戻すように働きかければよいのです。血液の流れを促すためのケアは、入浴時間を中心に行いましょう。

石鹸で身体を洗う時には、指先から肘の方向に向かって、軽くマッサージしながら洗います。湯船に入ったら、リラックスした状態で、腕を高く上げて手をぶらぶらさせて、手先にある血液の流れを促しましょう。

入浴後のボディケアでも、ローションやクリームを塗るのは、指先から肘に向かって、マッサージをするように伸ばしていくのが正解です。

また、血液自体の流れをよくするためには、食生活にも気を付けて、身体の中からもケアするように心がけたいものです。、糖質や脂肪分の多い食事は避けるようにして、お酒の飲み過ぎにも気を付けるようにしましょう。適度な運動を続けることも、血液の流れを促すためには、とても効果的です。

保湿ケアをしっかりとしよう。

血液の流れを促すのと同時に行いたいのが、皮膚のケア

血液の流れを促すのと同時に行いたいのが、皮膚のケアです。

たとえ血管が浮き出ていなかったとしても、カサカサと乾燥した手は、若々しさや潤いが感じられず、魅力的とは言えません。保湿をしっかりと考えたハンドケアで、弾力と潤いのある肌を保つようにしましょう。

家事などで、手が濡れたときには、しっかりと水分を拭き取ること。水分が残っていると、乾くときに蒸発熱が奪われ乾燥の原因となります。こまめにハンドクリームを塗って、皮膚の潤いを保つようにすることが大切ですまた、皮膚の乾燥を防ぐために、日常からしっかりとした紫外線対策を行うことも忘れないようにしましょう。

顔には日焼け止め効果のある下地クリームを塗っていても、手の甲まで紫外線対策をしていない人も多いのではないでしょうか?特に、紫外線の強い時期には、外出するとき日焼け止めクリームを塗ったり、手袋をするなどして、紫外線から手を守りたいものです。

また、手の皮膚に炎症などを起こしてしまった時には、すぐに対処をして治すことが大切です。長引かせてしまうと、皮膚の老化を加速させてしまうことになりかねません。普段から、意識してきちんとケアすることで、若々しく潤いのある手をキープしましょう。

PR