手荒れを防ぐにはしっかり保湿を!ケア方法とお役立ちグッズはコレ
198views

手荒れを防ぐにはしっかり保湿を!ケア方法とお役立ちグッズはコレ

手荒れとは肌のバリア機能が低下したりボロボロになったりしている状態のことです。特に冬場は体の新陳代謝も落ちているため手肌のバリア機能が低下しており、乾燥した空気に水分を奪われてしまいます。 そこで必要な予防法はバリア機能を守って高め、それ以上手荒れを悪化させないことです。

手荒れを防ぐには?

バリア機能を守って高め、それ以上手荒れを悪化させないこと手荒れとは肌のバリア機能が低下したりボロボロになったりしている状態のことです。特に冬場は体の新陳代謝も落ちているため手肌のバリア機能が低下しており、乾燥した空気に水分を奪われてしまいます。
そこで必要な予防法はバリア機能を守って高め、それ以上手荒れを悪化させないことです。

手荒れ予防のケア

洗剤を使う時はゴム手袋を

洗剤を使う時はゴム手袋を掃除用の洗剤に直接ふれると強力な洗浄成分のために手荒れを招きやすくなるため、必ずゴム手袋をつけて掃除をしましょう。水やお湯だけでの拭き掃除の場合でも、長い時間水分を手につけておくと乾燥しやすくなるためできるだけゴム手袋をつけるようにします。
また、肌が荒れやすく敏感になっている時はボディソープやシャンプーでも手荒れを起こすことがあるため、手荒れ予防をするには洗浄力のやさしい、無添加タイプを選ぶと良いでしょう。

ハンドクリームを塗る

状態に応じてハンドクリームを塗る手荒れ予防といればハンドクリームは有名ですが、肌の状態によって使うタイプが変わってきます。健康で肌に水分がある状態の手荒れ予防であれば、ワセリンのような油分だけでも構いません。しかし、すでに乾燥していたり乾燥の心配があるときは保湿成分も入ったタイプを選びます。

加湿器をつける

秋冬の乾燥する季節に限らず、エアコンをつけている時には一緒に加湿器もつけておくと室内の保湿に役立ちます。ただし冷房の場合それでも湿度がさげられてしまうため、加湿器以外のケアをあわせて行う必要があるでしょう。

食生活に注意

手荒れは健康状態も関わっているため、いつも健康でいることもポイントです。特に肌の乾燥に関係のある栄養素はビタミンA・B、コラーゲンで適度にとる必要があります。毎日に食事を栄養バランスよくとることが手荒れ予防になります。

手荒れ予防グッズ

布手袋

100円ショップなどでも手軽に購入できる布製の手袋をいくつか用意しておきましょう。ハンドクリームを塗って布手袋をはめて眠ると予防だけでなく手荒れの時にも役立ちます。
また、ゴム手袋を使う時にも布手袋を付けたうえで重ねた方が内部でムレにくく、余分な水分がついて手肌が乾燥することを防ぐことが可能です。しっかりフィットするタイプを選べば日常生活の中で例えば布手袋をしたままパソコン作業をすることもできます。

肌にあったハンドクリーム

肌にあったハンドクリームを毎年指先のひび割れる手荒れに悩まされている人は尿素配合のハンドクリームを選びましょう。尿素は硬くなった角質を柔らかくする働きがあるため、角質が硬くなってヒビ割れを起こすことを防ぎます。また、硬くなったかかとやひじにも使えて便利です。
しかし、日中は仕事柄べたつくハンドクリームでは困るという人は塗った後がさらっとするジェルタイプが使いやすいでしょう。夜寝る時は保湿成分たっぷりのものを、日中はさらっとしてべたつかないものをと使い分ければ上手にハンドクリームを塗り続けられます。

ラップとサージカルテープ

気になる指先を布手袋以上に保湿するスペシャルケアがラップとサージカルテープを使った方法。まずひび割れてきそうな、もしくはひびわれてしまった指先にたっぷりとハンドクリームをつけ、次にラップでその部分に巻きます。それからラップがとれないようにサージカルテープを巻いてとめるだけです。布手袋よりも水分が逃げないため、特に手荒れを防ぎたい部分に使えるグッズといえます。

PR