30代でもバストアップは可能!ポイントはマッサージや食事、そして運動で成長ホルモンの分泌を促すこと!
397views

30代でもバストアップは可能!ポイントはマッサージや食事、そして運動で成長ホルモンの分泌を促すこと!

30代でもバストアップをすることは可能です。とくにバストマッサージはきちんと行うことで2カップ以上のサイズアップが期待できます。食事は鶏肉、牛乳、豆乳の他、キャベツがおすすめです。これらで効果がない場合には血糖値が高いことや睡眠中の成長ホルモンの分泌が不十分であることが考えられます。

30代でもバストアップは可能?

30代のバストアップ

バストの成長は思春期で止まってしまうと思っている人も多いようですが、実はバストは30代からでも大きくさせることができます。
その秘密はバストの性質にあります。
バストは基本的には脂肪の塊ですが、その中には乳腺といわれる母乳をつくる組織があります。この乳腺がバストの大きさを決めると言われています。
この乳腺はマッサージなどの物理的な刺激によって大きくなるため、30歳をすぎても十分な刺激でバストが大きくなる可能性はあります。

バストを上下に揺することはバストの形を悪くする!

バストへの負担運動

バストは成長期を過ぎても大きくなります。また、胸筋を鍛えることで形もよくなります。
しかし、バストを上下に揺さぶるような運動はクーパー靭帯という組織が破壊されるためにバストが垂れる原因になるので、運動をするときにはバストをきちんと固定するようにしましょう。

バストアップのためのマッサージ法

胸を大きくするためのマッサージ方法は単純にバストを揉むこととは違います。
バストアップのためには胸だけでなく、脇の下や脇腹からマッサージを行うことがポイントです。これによって周辺の脂肪を刺激し柔らかくすることで、周辺の脂肪がバストに付きやすくする効果があるからです。十分に周辺の脂肪をマッサージしたら、乳房を大きくマッサージします。
内側から外側へ、外側から内側へと大きく乳房全体を動かします。このとき、激しい動きではなく、ゆっくりと穏やかな刺激である方が効果的です。

バストアップのためには食事も大切!

バストを大きくするためには食事も大切です。30代以降の女性ホルモンが衰えてきた人にとっては女性ホルモンの多い鶏肉、牛乳、豆乳などを摂取することでバストが大きくなる可能性があります。
一方でこれらの食べ物を多く摂取すると生理不順や経血は増える可能性があります。そのような場合には過剰に摂取することは控えて、マッサージを中心にバストアップを目指します。

バストアップに効果的な野菜もある!

バストアップの食品

バストアップのためには女性ホルモンが欠かせません。
最近のトリやブタなどの肉類はホルモン剤で大きくなるためにその肉を食べることで女性ホルモン注射を打つのと同様の効果が得られると言われています。また、牛乳も同様に高い女性ホルモンが含まれていることが知られています。
このような生産過程で投与される女性ホルモンだけでなく、野菜にもバストアップに効果のある成分が含まれたものがあります。
それはキャベツのボロンという成分です。ボロンはキャベツの芯のあたりに多くあるのでポトフなどにして煮込んで食べるとよいでしょう。

何をしてもバストが大きくならない人は?

マッサージをしても、バストアップに効果のある食べ物を食べてもなかなかバストが大きくならないという人もいます。

そのような人は血糖値が高い、もしくは血糖値を高くする食事である可能性があります。血糖値は糖尿病の人が問題になる血液中の糖の量ですが、実はこの血糖値が高いと寝ているときに成長ホルモンの分泌が悪くなることが知られています。この成長ホルモンはバストにも深い関わりがあり、成長ホルモンが少ないとマッサージや食事に気をつけていてもバストが大きくならないのです。
そのため、血糖値を上げないように精製されたお米、小麦粉、砂糖などの摂取を控えめにするようにしましょう。

成長ホルモンの分泌には運動も効果的!

睡眠中に成長ホルモンの分泌を促す方法としては日中に十分に運動することも効果的です。成長ホルモンは体を修復するホルモンなので、日中に運動して疲れた筋肉や神経を癒すために分泌されるからです。

PR