胸を大きくする食べ物にはどんなものがあるのか
156views

胸を大きくする食べ物にはどんなものがあるのか

胸を大きくする食べ物として挙げられるのは、イソフラボンを含む大豆食品です。他にボロンを含むキャベツや、たんぱく質を含む肉類や魚類、ビタミンEを含むかぼちゃなどが挙げられます。健康補助食品を使用する場合には、用法、用量を守り、体調不良などになった場合は使用を中止します。

イソフラボンとは?

胸を大きくする食べ物の代表イソフラボン

胸を大きくする食べ物という話題で、豆乳や納豆といった大豆食品が登場することがしばしばあります。豆乳や納豆というと、スレンダーになるダイエット食品の印象が強いですが、実は大豆食品に含まれるイソフラボンには胸を大きくする食べ物としての代表格ともいえる要素があります。

 

胸を大きくする食べ物の代表イソフラボン
イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをします。イソフラボンが似ている女性ホルモンはエストロゲンといい、大豆のイソフラボンを植物性エストロゲンと呼びます。女性ホルモンは胸を成長させたり、新陳代謝を促進したり、自律神経を整えたりと、女性らしい体を作ることや健康面、精神面において大きな役割を果たしています。

適切な量を摂取

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを摂取することで、胸を大きくする効果を期待できます。大豆食品は和食に多く、一年を通して食べられることも大きなメリットです。ただし、イソフラボンの過剰摂取にはならないよう、適切な量を継続して食べることが大切です。

栄養素でチェック

胸を大きくする食べ物といわれる食品に含まれる栄養素

胸を大きくする食べ物にキャベツが挙げられると、ちょっと不思議に思われるかもしれません。しかし、キャベツに含まれる「ボロン」という成分は、エストロゲンの分泌促進の効果があります。キャベツの他にもレタスやリンゴなどに含まれています。ボロンを効果的に摂るには食材を生で食べることです。生野菜ですので冷えにも気をつけ、体調や食べるタイミングにも気をつけて摂取できるといいのではないでしょうか。

 

キャベツに含まれる「ボロン」という成分は、エストロゲンの分泌促進の効果があります。
たんぱく質も胸を大きくする上で欠かせません。胸を大きくするというと、脂質を連想することも多いかもしれませんが、たんぱく質をしっかりと摂り、体づくり、健康維持をすることが前提になります。たんぱく質は植物性と動物性に大きく分かれ、植物性は大豆食品、動物性は肉類、魚類、卵などです。

ビタミンEの働き

ビタミンEにはホルモンの生成や分泌を促すことや、血行促進などの働きがあります。ビタミンEを含む食品は、卵や大根の葉、かぼちゃやアーモンド、焼き海苔などに含まれています。ビタミンEは過剰摂取による注意が必要な食品ですので、適度な量を摂取するようにしましょう。

サプリメントで対策

健康補助食品で胸を大きくする食べ物

サプリメントで対策
胸を大きくする食べ物としての健康補助食品があります。普段の食事の他にも補助食品として取り入れたい、という場合にバストアップのあるサプリメントを探してみるのもよいでしょう。

胸を大きくするサプリメントとして有名なのがプエラリアです。プエラリアは日本ではなじみのない植物ですが、タイやミャンマーでは自生していますし、栽培もされています。日本ではそれをサプリメントとして使用しています。プエラリアには、大豆の40倍もの植物性エストロゲンが含まれているといわれています。ただし、プエラリアの使用には注意点もあり、使用後に体調不良などの変化があった場合は使用を中止しなければならないケースもあります。

マカの効果

マカもバストアップ効果のあるサプリメントとして挙げられます。マカにはホルモンバランスを整える効果や、ホルモンバランスを整える効果があるとされています。胸を大きくするという目的の他、女性の体調改善においても重要の高いサプリメントです。使用法、用量を守り、もし使用後に体調が悪くなることがあれば、使用を中止することもあります。

PR