垂れてしまったバストは戻らない!すぐにできるバストの垂れ防止の方法!
324views

垂れてしまったバストは戻らない!すぐにできるバストの垂れ防止の方法!

バストの垂れって気にしていますか?実はバストが垂れてしまうともう元には戻らないんだとか。これは今からバストの垂れ防止をしておかなくては!!しっかりやっていつまでも綺麗なバストでいましょう!そんなバストアップの方法をチェックです!

バストの垂れ防止に効く方法ってどんなもの?

ペットボトルをダンベルにしよう!

ペットボトルをダンベルにしよう!

バストが垂れてくるとなんだかテンションがダウンしちゃいますよね・・・。そんなことにならないようにしっかりとケアしていきませんか?

ここで登場するのが500mlのペットボトル。中身入りならそのままで。もし空になっている場合は水などを入れて使ってください。これで単純に500gのウエイトが出来上がりました!これを2本準備してください。

1:ペットボトルをそれぞれ右手と左手でしっかりとにぎり、足は肩幅に開きます。
2:息を吐きながら、ゆっくりと両手を胸の方に肩の高さまであげていきます。
3:次に息を吸いながら両腕ををの高さをキープしたまま広げていきます。
4:息をゆっくりと吐きながら再び腕を前に戻していきます。もちろん高さはキープしたままです!

これを10回1セットとして3回繰り返します。このとき息を止めないようにしながらするのがポイントです!そして鎖骨の下部分から脇のラインの筋肉を意識しながらやってみてくださいね。どうしても腕が下がりがちになるので鏡の前でするのがベストですよ!

腕を立てて体操しよう!

1:四つん這いになってください。そのとき手は肩幅に、足は肩幅より少し広めに開くのがポイントです。
2:息を吐きつつ、両方の肘をゆっくりと曲げる。このとき、あごを床につくギリギリのところまで頑張ります。そして肘をのばすときもゆっくり!息を吸うのを忘れずに!!

これを10回1セットとして3回繰り返します。この体操も息を止めないようにしながらするのがポイントです!そして肘は伸ばし切らず、その一歩手前のところで続けてください。
意識がついつい腕にいきがちになりますが、こちらも鎖骨の下のデコルテあたりの筋肉を気にして体操すると効果的だそうですよ!慣れてきたら、肘を曲げた姿勢で3秒ほど静止すると大胸筋にもいい効果が出るそう☆これはぜひ試してみたいですね☆

お風呂の時間も有効活用!

1:しっかりと肩まで湯船につかり、手のひらを前にしてお湯をグイグイっと押すように肘を伸ばしたり、曲げたりを繰り返します。

簡単ですよね!これならお風呂に入っているついでにできちゃうので楽チンでオススメです!

合掌ポーズをしてみよう!!

合掌ポーズをしてみよう!!

1:手を胸の前で合わせていわゆる”合掌”のポーズをし、肘はかたの高さまでしっかりあげ、手を腕が直角になるように曲げる。このとき背筋はしっかりと伸びてることを意識!
2:手のひらどうしを押しあいながら息を15秒かけて吐き出す。(手と手の間に雑誌などを挟んでもOK)

これを5回1セットを3回繰り返します。押す時には腕の力ではなく胸の筋肉に意識をもってくるようにしてくださいね!これになれた人は肘の高さを口のあたりまえで上げるとさらに効果的!ぜひ試してみてくださいね!

今からしっかりと垂れ防止を!

ついついもっと先でも大丈夫!と思いがちですが、胸って垂れてると気づくときには想像以上に垂れてるんだとか。若くても過度のダイエットなどでも胸が垂れる原因になるんだそう。そこに加齢からくる筋肉の衰えで垂れることを考えると・・・「キャーー!!」となりますよね。

絶対に早すぎることはありません!ぜひとも日頃の日課に加えてみてくださいね。日課にしてしまえばこっちのもの!逆に「体操などをしないと気持ち悪くて眠れない!」って感じになるかもしれませんよ。

PR