大人のデコルテのニキビはどうしてできる?デコルテニキビのさまざまな原因と予防法、治療法まとめ
77views

大人のデコルテのニキビはどうしてできる?デコルテニキビのさまざまな原因と予防法、治療法まとめ

ニキビは顔以外にもできるんです。これからの季節気になるのがデコルテのニキビ。どうしてこんなところにニキビができるのでしょうか?原因は主に乾燥と刺激。デコルテニキビの予防法とケア、治療法をご紹介します。

大人ニキビは顔以外にもできる

背中やデコルテのニキビはおしゃれの敵

顎や頬などにできやすい大人ニキビですが、意外な場所にできたニキビに悩む人もいます。それは背中やデコルテのニキビです。顔にニキビがないのにボディにだけできる人もいます。胸元の開いた服を着たいこれからのシーズンに困りますね。

大人ニキビの原因は乾燥?

思春期ニキビも大人ニキビも原因は同じ、細菌と皮脂による毛穴の炎症です。特にアクネ菌という皮膚の常在菌がニキビを悪化させます。

しかし、思春期ニキビと大人ニキビでは大本の原因が異なるのです。思春期ニキビは思春期にホルモンバランスが変わることで起こります。大人ニキビの場合はやはりホルモンバランスの変調のこともありますが、皮膚の乾燥や睡眠不足等の生活習慣の乱れによって皮脂が過剰に分泌することで起こります。

デコルテのニキビの原因

顔に次いでデコルテや背中はニキビができやすい場所です

見た目にも気になりますし、大きくなって痛むことの多いデコルテのニキビ。一体どうしてこんな場所にできるのでしょうか。

実はデコルテは、元々顔や背中に次いでニキビのできやすい場所です。普段意識していることは少ないのですが、顔と同じくらいデリケートで皮脂腺も多い皮膚なのです。

デコルテケアしていますか?

顔を同じようにデコルテもスキンケアするもの

顔と同じくらいデリケートなデコルテの皮膚、ちゃんとスキンケアをしていますか。多くの人はドキッとしたことと思います。

デコルテも顔と同じようにいたわって、泡立てた石鹸で優しく洗いましょう。清潔にした後はスキンケアを欠かさないようにしましょう。乾燥タイプのデコルテのニキビはきちんとスキンケアをするだけでかなりよくなります。

紫外線対策はどうでしょうか

顔だけでなくデコルテも紫外線予防しましょう

デコルテの皮膚は顔と同じくらい薄く、紫外線にも弱いのです。普段は服に隠れているためそれほど意識してUVケアする必要はないかもしれませんが、首や胸元を出す服装のときは忘れずに日焼け止めを塗るようにしましょう。

服で隠れてしまうときでも、日差しの強い日は気をつけてください。
もちろんデリケートな皮膚なので日焼け止めをクレンジングすることも忘れずに。

デコルテニキビの意外な原因

髪の毛が触る刺激でもデコルテにニキビが出来たりします

ニキビは皮膚への刺激で悪化します。ほかにニキビができないのにデコルテのニキビだけ繰り返す方は、デコルテに特別な刺激がないか注意してみてください。

たとえばヘアスタイル。セミロングやロングヘアのダウンスタイルで、ちょうどデコルテ部分に髪の毛がチクチク触れていることはないでしょうか。その場合髪型を変えたり、シャンプーやスタイリング剤を変えることで刺激せずに済むようにならないか工夫してみましょう。

髪の毛以外では服や肌着の刺激がないか気をつけましょう。デコルテがデリケートな方は、服の素材や縫製、洗剤や柔軟剤の成分に着目してみてください。

ニキビ治療薬は大人ニキビにも効く?

できてしまった大人ニキビにニキビ治療薬は効くのでしょうか。顔であってもデコルテのニキビであっても思春期ニキビでも大人ニキビでもニキビは同じ病気です。

できてしまった炎症を抑える目的なら、普通のニキビ治療薬でも効果はあります。ただし、市販の思春期ニキビ用の治療薬は、思春期の過剰な皮脂を抑えるための収斂成分が多く含まれていることがあります。ですから、広い部分や長く使いたい場合は大人ニキビ専用の治療薬をお勧めします。

気になるようなら皮膚科を受診するのもお勧めです。ニキビはれっきとした皮膚病ですから保険診療で治療することができます。

また、自分ではニキビだと思っていても粉瘤などの別の皮膚病である可能性もありますから、治りにくい場合は医師の診断も大切です。

PR