ああっ!メイクが崩れる!顔の汗の原因って一体何なの?夏場に役立つ顔の汗を防ぐ方法とは!?
177views

ああっ!メイクが崩れる!顔の汗の原因って一体何なの?夏場に役立つ顔の汗を防ぐ方法とは!?

汗をかくのは健康な印と言われていますが、やはり顔にかく汗はメイクが崩れる原因となってしまうので、女子としてはあまり嬉しくないものです。顔の汗の原因を掴み、夏場のメイク崩れ対策をしましょう。顔の汗対策として、首の後ろを冷やしたり、太り過ぎの人は標準体重まで体重を落としましょう。

夏場のメイクが崩れる!顔の汗の原因とは?

夏の日差しでせっかくのメイクも崩れる…

夏の暑い日差しの下で女性が一番困る問題として、顔の汗ではないでしょうか。せっかく綺麗にメイクしたのにも関わらず、顔に大量の汗をかいてしまえば、当然メイクが崩れます。アイメイクも汗で流れてしまったら悲惨なことになりますよね。ところで顔の汗の原因は一体どうしてなのでしょうか?

顔に汗をかきやすいタイプとは!?

暑くなれば、汗をかくのは人として当然のことです。でも身体全体ではなく顔だけ中心に大量に汗をかいてしまうタイプの人がいます。顔の汗の原因として、挙げられるのが肥満、多汗症、顔以外の汗腺の働きが悪い場合です。

標準体重に近づけよう!

もし顔の汗の原因が肥満であれば、できるだけ標準体重に近づけましょう。体脂肪が高いと、それだけ身体の中に熱をため込みやすくなり、うまく身体から熱を放出させることができなくなってしまうため、結果的に汗が顔から大量に出てしまうのです。標準体重まで体重を落とすことは、顔の汗対策だけではなく、健康にもつながります。

多汗症という病気の可能性も!

汗をかく要因がないのにもかかわらず大量の汗をかいてしまう場合、多汗症の可能性も考えられます。

休眠汗腺がある場合には、体質改善を!

汗のかきやすさ、半身浴などで体質改善を

身体の汗腺が休眠状態だと、顔にだけ集中的に汗をかいてしまいます。そこで体質改善を行いましょう。身体が冷えていることが原因である場合が多いので、自宅で半身浴を続けると、冷え性が改善され、身体から汗をかきやすくなり、顔にだけ集中的に汗をかく症状をやわらげることができます。

外出先で出来る顔の汗を止める方法!

顔の汗を止める方法があります。それは、首の後ろを冷やすことです。首の後ろを温めたり冷やしたりすることで、体感温度をコントロールすることができます。冬の寒いときにマフラーを首に巻くと、身体全体がぽかぽかします。その反対に首の後ろを冷やすことによって、身体全体が涼しく感じるのです。
最近では、この原理を利用して、首に巻く保冷効果のあるスカーフが市販化されているので、利用するのもいいですね。使い方はスカーフを水でぬらすと、冷たくなるという仕組みです。保冷剤を首の後ろに当てるのもよいでしょう。

急いで止めたいときは、脇の下を強く押しましょう

脇の下を押さえると、顔の汗を止めることができます。ポイントは強めに両方を押すことです。片方の脇だけ抑えると、片側の顔から汗が噴き出てしまうので注意しましょう。

舞妓さんもやっている半側発汗とは!?

舞妓さんもやっている汗を抑える技を伝授

暑い日にも関わらず、舞妓さんはいつも涼しい顔をしています。その秘密は半側発汗にありました。実は着物を着るときに胸元を強くひもで絞めつけているため、顔に汗をかきにくくなるのです。これは身体のある部分を圧迫することによってその部分だけ汗が止まるというものです。
舞妓さんは涼しい顔で暑い日も過ごしていますが、実は下半身はものすごく汗をかいているのです。ブラジャーなど下着を強めにするだけでも、顔の汗が止まりますよ。

デートの時の顔汗対策!

大好きな彼とのデート!暑い夏の日のデートは特に顔に汗はかきたくありません。そこであらかじめ顔汗対策をしておきましょう。待ち合わせ時間ぎりぎりになるとどうしても、顔に汗をかきやすくなるものです。
そこで、デートの時は約束の時間よりも早く出かけましょう。熱のこもらない服装にしましょう。ズボンよりはスカート。皮靴よりはサンダル。首の詰まった襟よりは胸元の開いたデザインの服を選ぶと、夏のデートも涼しく楽しめます。

PR