ハイジニーナ脱毛のメリットとデメリット 一体どんな脱毛なの?
82views

ハイジニーナ脱毛のメリットとデメリット 一体どんな脱毛なの?

ハイジニーナ脱毛とは、どんな脱毛なのかをご存知ですか?ハイジニーナとは衛生という意味の「hygiene」からきていて、もともとは医療現場で使われていました。ハイジニーナ脱毛は、デリケートゾーンの脱毛のこと。ハイジニーナ脱毛のタイプやハイジニーナ脱毛のメリットとデメリットなどをお伝えします。

ハイジニーナ脱毛って?

ハイジニーナ脱毛は、デリケートゾーンの脱毛のこと。デリケートゾーンは、前から見えるVライン、下からみえるIライン、肛門まわりのOラインに分けられます。ハイジニーナ脱毛の基礎知識やハイジニーナ脱毛のメリットとデメリットなどをお伝えします。

ハイジニーナ脱毛のVIOラインとは?

VIOラインとは?

ハイジニーナ脱毛のVIOラインについてのご紹介です。

【Vライン】

Vラインは、起立して前から見える逆三角形全体の部分です。Vラインは、シェーバーや脱毛器を使って自己処理をされている方がいらっしゃるかもしれませんが、自分ではちょっとしづらいですよね。Vラインの形はいろいろとあるので、相談をしながら決めることができます。

【Iライン】

Iラインは、股下や真下から見える部分です。Iラインは、すべて脱毛をする方も最近は多いようです。すべて脱毛をされない方は、Vラインとのつながりを考えながら形を整えていった方が良いでしょう。

【Oライン】

Oラインは、肛門まわりの脱毛のことです。Oラインには、もともと毛が生えていない方もいらっしゃいます。Oラインの脱毛をする場合は、すべて脱毛される方が多いようです。

ハイジニーナ脱毛のメリットは?

ハイジニーナ脱毛をするメリットは、どのようなものが?

ハイジニーナ脱毛をするメリットは、どのようなものがあるのでしょうか?

【アンダー部分の清潔を保てる】

アンダーヘアがある場合、生理のときの血液が付着したり、おりものがついたりしてしまいます。ハイジニーナ脱毛をした場合は、アンダー部分の清潔を保つことができるため、雑菌が繁殖せず清潔さを維持することができるでしょう。また、生理中はナプキンのせいでムレやすくなりますが、ハイジニーナ脱毛をすればムレにくくなります。さらに、かゆみを減らすことができるというメリットもあります。

【自己処理の面倒さがない】

ハイジニーナ脱毛をすると、自分で脱毛をする手間が省けます。ハイジニーナ脱毛は、病院やクリニック、脱毛サロンなどで受けることが可能です。自分で処理をする必要がないため、お手軽に処理ができるというメリットがあります。

【水着を安心して着ることができる】

ハイジニーナ脱毛をすると、アンダーヘアのことを気にしなくて良いため、水着を安心して着られるというメリットがあります。水着を着る前の自己処理の手間が省けて良いですね。

ハイジニーナ脱毛のデメリットは?

ハイジニーナ脱毛にはデメリットもあります

【施術時のプライバシー】

施術者にデリケートゾーンを見せるのが恥ずかしいというデメリットがあります。ただこれは、最初は恥ずかしさを感じるけれど、数回通ううちにだんだんと慣れてきます。最初の1回の施術を突破できれば、それほど問題がないかもしれません。

【施術時の痛み】

ハイジニーナ脱毛のデメリットに、施術時の痛みがあります。特にIラインは、皮膚が薄いため、施術時に痛みを感じる方が多いようです。施術時の痛みには個人差があるため、それほど痛くなかったという方もいらっしゃいますが、痛みに耐えられなかったという方も多いようです。

【温泉時の注目】

温泉などに入るときにハイジニーナ脱毛をしていると、周りから注目されることが多いようです。特に年配の方は驚かれるようなので、温泉時にはタオルで隠すようにして入ることをおすすめします。

PR